2019年11月17日

「ゆき」

ユリ・シュルヴィッツの絵本「ゆき」

yukiehon.jpg

はしがきにはこう書かれている。

 雪が積もりゆく街の風景と
 雪を愛でる男の子の気持ちを
 みごとに描いた
 つめたく温かな雪の日のお話

-----------------

灰色の空から雪がひとひら舞い降りてきた。
「ゆきがふってるよ」と男の子が言う。
でも大人たちは、「これっぽっちじゃふってるとはいえない」「どうってことはない」「すぐとけるわ」などと、つまらなそう。

ラジオもテレビも、「ゆきは、ふらないでしょう」と言っている。
でも雪はどんどん降ってきて、やがて街じゅうが真っ白になる。

-----------------

この絵本の言葉はとても少ないが、よく見ると深い。

 ゆきは ラジオを ききません
 ゆきは テレビも、みません

 ゆきは ただ 
 はいいろのそらから まいおりるだけ

街を行く大人たちは、雪を見ずに、ラジオやテレビの言うことを信じる。
雪の最初のひとひらから、踊ったり回ったりしながら降り、あたりがしだいに白くなっていくようすを喜びながら見ているのは男の子だけ。
「わーい、ゆきだよ!」

こうしてまた冬の絵本を紹介できる季節になった。
わーい、ゆきだ♪
  
posted by Sachiko at 22:10 | Comment(2) | 絵本
この記事へのコメント
この季節になると
寒さや雪を嫌う発言を
多く耳にします。
冬がかわいそうです。

こんなに美しいのに。
こんなに清々しいのに。

Posted by しゅてるん at 2019年11月20日 07:55
他の季節についても、感覚界だけを見ていると
そうなってしまいますね。
花粉がイヤ、落ち葉がイヤ...etc.

色鮮やかな季節と違って、冬には、
色が生まれる前の源の世界に引き上げられる気がします。
そのためには真っ白な雪に覆われなくては♪
Posted by Sachiko at 2019年11月20日 16:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]