2019年10月13日

ミツバチの思い出

『Lord of the Elements』(Bastiaan Baan著)から。
-----------

自然霊たちは、過去と未来が共に今に生きている世界に存在する。
このエーテルの領域は、人間はたとえば臨死体験のパノラマとして体験することができる。

そのように、小人たちは未来の出来事を予見することができる。
自然霊たちは自分たちのいる地点から簡単に追い払われることはない。目に見える世界の要素が消えてからも、彼らは慣れ親しんでいたものの生きた記憶を保つことができる。

アニー・ヘルディングは、蜜蜂が生きていたときの記憶を保っている荒れ果てた養蜂場跡でコーボルトのグループを見た。彼らの意識では、過去は現在の内に生きていた。

-----------------

「勤勉なミツバチの“気”は、長い年月そこで働いていました。
コーボルトたちは自分たちが養蜂場の一部になったと感じていました。彼らはそこに属し、一緒に働いていたと思っていました。

彼らは、ミツバチが巣箱を行き来するようすを非常に強くイメージし続けたので、巣箱がなくなったときにもミツバチを見失うことはありませんでした。毎春、コーボルトたちを通して果樹園のそばの古い養蜂場は存在していました。

5人の小人たちは、草と野花のあいだに心地よく座って、小さな生きものたちを思い続けていました。実際には、古い屋根藁と数本の柱のほかは、養蜂場には何も残っていなかったのですが。

果樹園はなくなり、果樹は伐採されて、芝生と草地の境界線の代わりに小さなバンガローが建てられました。
それでも、彼らが元いた住処を諦めるには、長い時間がかかりました。

やがて養蜂場のイメージは、ぼんやりとかすかになり、より多くの断片が失われていくことで、ますます不完全なパズルのようになりました。
そしてついに、彼らは完全にあきらめました。

5人ののコーボルトはどこへ行ったのか、ある日、彼らはもうそこにいませんでした。
彼らはバンガローの近くには住むことができず、もはや夢を経験することができませんでした。ミツバチと花々と、花咲く古いリンゴの木の夢を....」

-----------------

この文章からは、不思議で、厳かで、物悲しい気分を呼び起こされる。もはや戻らない遠いものたち。

うち捨てられた家や農場、集落、町....
そうした場所では、なおしばらくのあいだ小人たちが残って追憶の中に暮らし、やがて諦めて去っていくのだとしたら....
ゆっくりと朽ちていき、草に覆われるまでのあいだに、小人たちの夢が薄らいでゆく。

「フィンドホーンの魔法」の中に、自然霊たちは地球上に住んでいた古代人種の物語を好ましげに回顧する、という話があった。
生きものたちがいなくなり、AIばかりが動き回るようになるとき、自然霊にとって地球自体が失われた夢のようになってしまうかもしれない。
  
posted by Sachiko at 22:28 | Comment(0) | 妖精
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]