2019年10月09日

イボタの実

イボタの木は私が植えたのではなく、家の裏手の隅に最初からあったものだ。熟すと青黒くなる実は、今年はほとんど実らず、小鳥たちの餌にもなりそうもない。

ibota.jpg

子どもの頃、向かいの家の角に生えていた。花を摘んで何かの遊びに使ったことがあったかも知れない。
どうということもない木だったが、そのあたりの景色と一体になって、記憶の中で不思議に存在を主張している。

生垣に使われているのを多く見かけたが木の名前はわからず、ずっと後になってイボタだと知った。
初夏には芳香のある小さな房状の白い花が咲く。すこしジャスミンの香りに似ている気もする....

ふだんはめったに見にも行かず気に留めることもない木なので、気がつけば伸びた枝が塀越しに裏の家のほうへはみ出している。

切らなければ...と思いつつ見ると、小さな実が少しばかりついて、葉っぱとともに秋の色になっていた。
  
posted by Sachiko at 22:01 | Comment(0) | 自然
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]