2019年09月26日

自然災害と元素霊・2

『Lord of the Elements』(Bastiaan Baan著)から。

子供の頃から自然に霊視力があり、自然界の元素霊たちを認識していたオランダ人女性、アニー・ゲルディングによって、このようなことが書かれている。

彼女はかつて、自然霊の世界における大きな混乱を知覚したことがある。そのときコーボルト(オランダ語の地の精)のグループは彼女の庭の薪小屋を出て、道路を渡ろうとするかのように門を抜けた。

--------------

突然彼らはいなくなり、どこにも見あたりませんでした。
これは彼らが誰かを混乱させたいときのお気に入りのトリックの一つです。

今見えるかと思えば、また見えなくなります。人は自分の目を疑い始めますが、彼らはまさにそれを望んでいます。
しばらく待ってみましたが、彼らが戻らないので、私は歩きだしました。

驚いたことに、少し経って私は彼らを再び見つけました...しかし、彼らは門を通り抜けずに再び消えました。そのトリックは少なくとも3回繰り返されました。
その振舞いから、私は彼らが何かを伝えようとしたのだと確信しました。

それは何だったのでしょう?私はそのコーボルトたちと実際には接触していなかったので、推測することができるだけです。
家に帰って私は、5人のコーボルトが薪小屋のことで私の注意を引こうと試みたと、同居している友人たちに話しました。
いつもながらのことですが、誰も私のいうことを信じませんでした。

そしてコーボルトのグループは彼らが住んでいた場所から逃げだしました。自然霊たちは一般に、一つの場所に落ち着いて留まるのが好きなのですが。

近くの村では、何本かの木がなぎ倒されました。
翌朝とても早い時間に大きな旋風が襲い、私たちの薪小屋を破壊しました。屋根の大部分が吹き飛ばされ、側壁も破損しました。まさにコーボルトたちがいた場所です。コーボルトたちは私に警告したかったのです。

-----------

自然界で実際に物理的事象が起きる前に、エーテル界で何らかの混乱がすでに起きている。
来るべき出来事は、先んじてその影を投げかける。


自然霊を知覚する人々の話にはいつも共通点があり、彼らが同じものを見ているのだということを裏付けるようだ。

地方によってノームやコーボルトなどの名前で呼ばれる地の精は、賢くて人間をからかうのが好きだ。そして人間と友だちになりたがっている。
このことはウルスラ・ブルクハルトの「Karlik」にも書かれていたが、ここでは来たるべき災害を警告しようとしている。

災害が目に見える形で起こる前に動物たちが逃げることができるのは、自然霊に導かれているからではないかと考えるのは、むしろ自然に感じる。

この話のように、人間にも警告は与えられているのだろう。
自然霊たちの繊細な声は、内的な微かな声としてやってくるのかもしれないけれど、現代社会に生きる人間は内側に耳を傾けなくなって久しい。
  
posted by Sachiko at 21:41 | Comment(0) | 妖精
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]