2019年09月23日

オセロ

ある時、オセロ(ゲーム)のコマは一種類しかないということにふと気づいて、あらためてすごい発見をしたような気がした。

チェスや囲碁は、駒(石)が最初から白黒二種類に分かれている。
…が、オセロは白黒が表裏一体、同じものなのだ。

つまり、同じもの同士が互いに自分が隠した裏側と戦っている。
オセロで遊んでいる時にそんなことは考えないだろうが、まるでこの二元世界の仕組みのようで、なんだかとても深くないか...?と思ったのだ。

今日は秋分の日、昼と夜がちょうど半分ずつ。
昼と夜も、分かれた別物ではない。宇宙空間から地球を見れば、昼と夜は表裏一体、同じ地球の上を交代しながら回っている。
そして太陽は天秤座に入る。これもバランスの星座だ。

-----------------

〈水辺の9月〉 https://fairyhillart.net

september1.jpg
  
posted by Sachiko at 22:03 | Comment(2) | 未分類
この記事へのコメント
たしかに
同じコマですね!

もしも
盤面を裏から
見ることができれば・・。

もうひとつの世界が
見えてくる。

オセロ
ほんと
深いな。
Posted by しゅてるん at 2019年09月24日 06:33
裏側から見ると.....というのを、
私も思いました。
盤面が真っ黒のとき、真っ白のとき、
裏側から見れば....
「はてしない物語」の、絡みあった
二匹の蛇のようなものかもしれません。
Posted by Sachiko at 2019年09月24日 22:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]