2019年09月18日

サルビア・アズレア

澄んだスカイブルーのサルビア・アズレア。この花も秋遅くまで咲く。

azurea.jpg

耐寒性が強く−20度まで耐える。以前植えていたものはかなりの大株になっていたのだが、どうやら間違えて掘り起こしてしまったようで、去年は姿を見られなかった。

それで今年の春にまた新しい苗を植えた。やはり秋にこの花がないと寂しい。
アズレア、パテンス、コバルトセージ....
秋に咲くサルビアたちの、少しずつ色味の違う青が美しい。

この青い色は、とっておくことができない。
どんな植物も草木染の材料になるけれど、花と同じ色は出ないし、色の堅牢度が弱くすぐに退色してしまう。

藍、茜、蘇芳など、昔から染料として使われている植物は堅牢度において別格なのだが、少しずつ褪せて色合いが変わっていくのもまた自然な味わいだ。

青い花と言えばツユクサの青も美しいが、繁殖力が強すぎて雑草扱いになっている。ツユクサの仲間から取れる青い染料は、水で簡単に落ちるので友禅染の下描きに使われる。
やはり、とっておくことのできない青だ。

写真を撮っても、それは実物ではない。自然は動き、変化する。美は今だけ目の前にあって、やがて移ろい、消えていく。
とっておくことのできない美に、むしろ安らいだ永遠を感じる。

サルビア・アズレアはとても背が高くなり、大株になると花の少ない季節には存在感がある。
ほとんど雪が降る頃まで咲き続けるので、冬囲いのときにまだ花をつけている茎を刈り込むのは少々心苦しい。
  
posted by Sachiko at 22:36 | Comment(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]