2019年07月31日

ディーバたちから見た死と苦しみ

「NATURE BEINGS」(Margot Ruis著)から。

自然霊たちは、生成と衰退という繰り返しのサイクルの中にいる。どちらも内在しているもので、彼らは判断を下さず、一方を好み他方を拒絶するということはない。

彼らは、彼らの任務として生命と生成に全面的に献身するが、死と衰退をも拒まない。それらが共にあってひとつであることを理解しているからだ。

人間だけがこう言う。「生成し成長するのは良いことだ。だが死は悪いものだ。」

避けられないことに逆らうこのような態度は苦しみをもたらす。現われたものはすべて再び消え去らなくてはならない。それがこの世界の法則だからだ。
彼らはその法則を知り、それを生きている。

彼らは執着せず生命の流れにゆだね、それが最終的には彼らを消滅に導くことを知っているが、彼らはそれを生命から切り離していないので、同じように受け入れる。分離して判断する人だけが苦しむのだ。

私たちは、生成と衰退という一体のものを、一見相容れない反対のものに見える生と死に分ける。
一方をを良いもの、他方を悪いものと見なし、一方を求め、他方は拒む。

-------------

以前紹介したウルスラ・ブルクハルトの「カルリク」の中に似たような話があったのを思い出す。

「…萎れて枯れてゆくものの祭りもまた、楽しく祝われる。人間たちの秋の憂いは、ノームには奇妙に映る。彼らはどんなものも抵抗せず受け入れるからだ。
元素霊たちは、衰退の中に生成し、生成の中に衰退するもののように見える。」


「苦しみ」という名前の感情そのものはないのだと私は思う。
ディーバたちが言うように、人間はこの世界のあらゆる物事をいつも二つに分ける。

正邪、優劣、高低、多寡、明暗....
分かれた一方を良い、他方を悪いと呼び、自分は常に“良い”側にいたい。

そして「悪い」側のものが来るとそれを嫌い、戦い、排除しようとする。そのように何かに逆らうときの“抵抗感”が、苦しみと呼ばれるものになる。

秋に木が葉を落とす時、すでに春の新芽は用意されている。それらはひとつの輪の中にある。
木のことなら受け入れやすいが、人生に降りかかることとなると話は別だ!となるのが人間の度し難いところで、自然霊たちのように生きられれば、世界はまったく違って見えるだろう...
  
posted by Sachiko at 22:11 | Comment(2) | 妖精
この記事へのコメント
死は生の一部
生は死の一部。
いのちの円環。
Posted by しゅてるん at 2019年08月01日 07:04
パソコン壊れたかも(泣:スマホより)
Posted by sachiko at 2019年08月01日 21:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]