2019年07月27日

カンパニュラ・ラプンクロイデス

春に、見覚えのない草が生えているのを見つけた。
何の変哲もない葉っぱに見える。どこかから種が飛んできた雑草だろう、抜いてしまおうか...と思ったが、花が咲くかもしれないので少し様子を見ることにした。

初夏になって花穂が上がってきた。やっぱり花が咲くらしい。
そしてある日、紫色の花が咲いていた。

rapun.jpg

カンパニュラの仲間だ。なかなか美しい♪
調べてみたら、カンパニュラ・ラプンクロイデス(和名:ハタザオギキョウ)という花で、大きな園芸店では苗を売っているところもあるようだ。

ヨーロッパ原産の帰化植物で、こぼれ種でも簡単に殖える、雑草と言っていいほどの繁殖力らしい。
どこから種が飛んできたのだろうと、ふと見ると、向かいの家にもこの花が咲いている。でも去年はなかったような...

カンパニュラは、八重咲や大輪の園芸種が多く出回っているが、これはいかにも野生種らしいすっきりとした風情だ。

それにしても、植物でも動物でも、外来種はなぜこんなに強いのだろう。放っておくとまたどこかに種が飛んでいって大繁殖するだろうか....

妖精は釣鐘型の花が好きなのだ。この小さな花の中にもいるかもしれないので、とりあえずこのまま咲かせておこう。
  
posted by Sachiko at 21:22 | Comment(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]