2019年07月22日

星の時間

ある種の小さな昆虫の中には、寿命がわずか1、2日というものがいる。羽化して、出会い、卵を産んで果てる。

今は医療技術などによってずいぶん長くなっているが、人間の元々の寿命は70〜72歳だそうだ。(日本で健康寿命の平均と言われているのがこのくらい)

プラトンの宇宙年と呼ばれる、地球の歳差運動により春分点が黄道上を一周する時間---約26000年、これを365で割ったものが人間の寿命だという。

人間の一生は、宇宙の1日。
小さな虫の一生は、人間の1日...

宇宙時間から見ると、小さな昆虫と同じようなわずか1日〜1日半くらいのあいだに人生というものがあって、いろいろなことが起こっているわけだ。

人間は便宜上、あらゆる時間を地球人間界を基準に計っている。
1年が365日というのも地球基準で、他の惑星ならまた違う時間になる。

さらに、太陽が銀河系の中心を回る周期がある。これも銀河系時間で、銀河系の倍の直径があるアンドロメダ銀河では、星々はまた違う周期を持つ。

全宇宙の共通時間というものはあるだろうか。何かの原子を基準にした時間など....?
いずれにしても、こうした計測できる時間は外的な時間だ。
それぞれの内的な時間には、それ自身の生命の横溢があるだろう。

ミヒャエル・エンデの「モモ」で、時間の国のマイスター・ホラの家には数えきれないほどの時計があり、それぞれ違った時間をさして、別々の音が絶えず鳴っていた。
けれどそれらの音全体は、夏の森で聞こえてくるような、規則正しい気持ちのよい響きなのだった。

あの時計の群れは、小さな昆虫や人間、遥かな銀河まで、存在がそれ自身であるときに奏でる、内的な時間の壮大な響き合いなのではないか、と思った。
  
posted by Sachiko at 22:42 | Comment(0) | 宇宙
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]