2019年05月31日

続・虹の話

とても古い時代には、人間の色彩に対する認識はあいまいなものだったらしい。現代人は虹といえばあの美しい色彩を思い浮かべるけれど、虹という言葉は多くの言語で、色よりも弓形の形に基づいている。

英語、ドイツ語では「雨の弓」Rainbow、Regenbogen、、フランス語では「空の弓」Arc en ciel...
虹という漢字も、虫篇がついているのは蛇のような細長いかたちをしているからだ。

虹の色よりも形のほうが印象的だったというのは、現代人の感覚からは不思議に思える。
子どもの頃、くっきりと鮮やかな虹を見たときの畏怖の気分は、美しいを超えてどこか恐怖に似たものだった。

旧約聖書のノアの洪水の話に、最初の虹が登場する。
ノアの一族が新しい陸地にたどり着き、神は契約の虹を立てた。

地球の大気の組成が変わったために、このとき初めて虹という現象が可能になったのだ。
アトランティス時代の大気は、霧のように濃密だったという。

北欧神話に出てくる霧の国ニッフルハイムはアトランティスを指し、アトランティス時代から次の時代への移行を表わすものとして、天と地をつなぐ虹の橋ビフロストが描かれている。

長い宇宙時間の中で、地球の様相がまた大きく変化することがあるだろうが、地上に虹がかかるかぎり、この時代の神の契約はまだ続いているということだ。
  
posted by Sachiko at 22:33 | Comment(0) | 自然
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]