2019年05月18日

おとめ座の話

春はあまり夜空に目が向く季節ではない気もするが、今の時期は南の空に、おとめ座のα星スピカが輝いている。
そして今日は満月(正確には明日の朝6時頃。明日の夜より今夜のほうが満月に近い)。

白く輝くスピカは、いかにも清らかな印象を与える。
おとめ座のかたちは、女神が横たわっている姿で、スピカは手に持った麦の穂の位置にあたる。

昔どこかで聞いたのはこんな話だった。
遥か昔、まだ人間と神々は地上で共に平和に暮らしていた。しだいに人間が欲望をつのらせ、地上が荒れていったために、神々はひとりずつ天に帰っていった。
純潔の女神アストライアが最後まで地上に残っていたが、やがて彼女も天に上っておとめ座になった....

一般には、星図に描かれているおとめ座は、豊穣の女神デーメーテールだと言われている。

おとめ座といえばもうひとつ、近隣の銀河が集まったおとめ座銀河団、そして幾つかの銀河団がまとまった更に大きなおとめ座超銀河団を思い起こす。

地球がある銀河系は、おとめ座超銀河団の端にある。
言葉としては理解できるのだが、このくらいのスケールになると、もう大きさのイメージがついて行かない。
いったい宇宙はどんなことになっているのか、それらはほんとうにあるのか....?

豊穣の女神の話に戻ると、デーメーテール(Demeter)の名は、世界一厳しいオーガニック基準と言われるドイツのデメター認証の名前にもなっている。
これはシュタイナーが提唱したバイオダイナミック農法に基づくもので、デメター認証のコスメは日本でも手に入るが、食品は難しい。

一時、デメター認証のスペルト小麦粉が手に入ったことがあり、ほんとうにおいしかったのだが、輸入業者が取り扱いをやめたようで、今では幻になってしまった。
…少し話が逸れた。麦の穂はスピカに戻そう。
  
posted by Sachiko at 22:08 | Comment(4) | 宇宙
この記事へのコメント
ビッグバン
があったとして
それは
何の”中で”
起きたのだろう?

「哲学する子ども」より

宇宙のはじまり
宇宙空間
時間
など
ヒトののうみその
限界を超える
問題ですね・・。


Posted by しゅてるん at 2019年05月21日 07:40
宇宙の構造を突き詰めていくと、
そこに見るものは我々自身の
意識の構造に他ならない....
と、ミヒャエル・エンデが言っていましたね。
はるか遠くの宇宙は実体としてあるのか、
鏡のように何かが映っているだけなのか?と、
ふと思います。
Posted by Sachiko at 2019年05月21日 22:28
鏡の中の世界に
入っていく
アリス
を思い出しました!

Posted by しゅてるん at 2019年05月22日 08:30
鏡の国のアリスは、かつてはナンセンスなどと
言われていたけれど、実はとても深い....
いずれこの話も取り上げようと思います。
Posted by Sachiko at 2019年05月22日 22:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]