2019年05月01日

メイ・デイ

五月祭、この日は元々は別に労使交渉の日ではなく、ケルトのベルテーン(ベルテヌー)祭が発祥と言われる(諸説ある)。

ベルテーンは、1年を8つの季節に分けた節目のサバト(儀式・集会)のひとつだ。サバトは悪魔崇拝の集会などという誤解があるが、それは後にキリスト教がそのように広めたものだろう。当時キリスト教にとっては、それ以前の自然宗教はすべて悪だった。

古い儀式の中には、現代から見れば奇妙に映るものもあっただろうが、少なくとも、教会の名のもとで数世紀続いた魔女狩りほど悪魔的ではなかったと思う。

自然宗教は、対立せず、戦わない。
自然界のいとなみや季節の流れに沿う生き方には、戦いの要素はない。昼と夜、夏と冬は対立せず、大きなひとつの輪の中にある。

シェイクスピアの「夏の夜の夢」は、一般には夏至祭前夜のこととされているが、五月祭前夜のワルプルギスの夜だという説もある。
いずれにしてもそれらの日は、伝承の中では妖精たちが出てきて集うと言われる日のひとつだ。

というわけで、今日も庭にエレメンタルエッセンスを撒いておいた。
長い冬が完全に終わり、いっせいに花が咲き乱れる北国の5月には特別な輝きがある。

may2.jpg
   
posted by Sachiko at 21:48 | Comment(2) | 季節・行事
この記事へのコメント
黄色い花たちは
太陽の光そのもので
喜びに満ちていますね。

クロッカス
スイセン
レンギョウ
チューリップ
キバナノアマナ
などなど・・。

初夏(だったかな)に咲く
キングサリも
すてきです。

金色の鎖のように
花が咲くので
このお名前なのでしょうが

わたしのなかでは
キング・サリ
となってしまいます。
どこかの心優しい王を
思い浮かべるのでした。


Posted by しゅてるん at 2019年05月02日 07:11
春の花たちはほんとうに、光そのものに見えますね。

キング・サリ!(笑)
「グリーン・ノウの川」で、岸辺に咲く
「クサレダマ」という植物が出てきます。
腐れ玉、気の毒な名前...と思っていたら、
「草レダマ」でした(^^ゞ
Posted by Sachiko at 2019年05月02日 22:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]