2019年04月10日

カルリクに会う

ウルスラ・ブルクハルト「Karlik−Encounters with Elemental Beings」から。

元素霊たちとともに為す仕事を人々にわかってもらえない無力感や、自分自身への疑い、日々の仕事の困難さなどから、ウルスラは病気になってしまったが、そのことは彼女に時間と静けさとをもたらした。

足浴をしようとしていた時、彼女は湯桶の縁にノームのような存在がいるのに気がついた。彼はそれ以前に会った存在とは違って、新鮮で力強く、若芽のように柔らかく、太陽の光に満ちている感じがした。

「私はあなたと一緒にいる」と彼は言った。長い年月を経て、彼らはより親密な生涯の仲間のようになった。まるで結婚しているかのように。
-----------------

「彼は私のそばにいますが、いつもいくらか謎めいています。私たちはお互いについてすべてを知っているわけではありません。
それぞれがお互いの本質と個性を保ちながら、ひとつの実体のように結びついています。私は彼の名前を知りません。それは暗黙の秘密のひとつです。」

----------------
名前は、彼女が湯桶の縁にいる存在を感じて「カルリク!」と叫んだことに由来する。それはロシアの言葉で「ノーム」だった。
その名前は彼の気に入り、人間界での彼の呼び名となった。

彼らはいつも互いを思い、互いに見つけあい、浸透しあい、話し合う。会話は思考や感情の内側でなされるので、それを他の人たちが聞くことはない。
----------------

「ときどきカルリクは『座って、楽しもう』と言います。元素霊たちは自分自身を楽しむことを重要な活動と見なしています。私たちは、世界の中で真実であり、美であり、善である全てのものへの感謝のうちに自らを明け渡します。そして、そこから新たな強さと、まだ善や真や美ではないものも、やがてそうなれるという確信を得るのです。」

----------------

彼女は、座って楽しもうというカルリクの助言を他の人々にも勧めたが、彼らの返事は「そんなことをする時間がない」だった。
カルリクは言う。「「人々は、苛立ったり、誰かや何かに文句を言う時間はある。だからこそ彼らは楽しい時間を過ごす必要があるのだ」


カルリクが登場してから、本の内容は一気に深まってくる。いわゆる「ノーム」の概念にはあてはまらないように見える、不思議な存在だ。

「彼」と呼ばれているけれど、元素霊に性別はあるのだろうか。
イメージとしては、ノームは男性的で、シルフやウンディーネは女性的に感じる。これも、古いおとぎ話に描かれているイメージと同じだ。

古代の人々が見ることができたこれらの存在たちを、多くの普通の現代人はもう知覚することができないだけでなく、彼らを実在として信じようとしない。
そのために元素霊たちが苦しんでいるという話が、「イースターの秘密」(ハンス=ヴェルナー・シュレーダー著)という本に出てくるが、そのことはこの「Karlik」の中に詳しく書かれていた。
続きはまた明日....
 
posted by Sachiko at 22:10 | Comment(2) | ウルスラ・ブルクハルト
この記事へのコメント
「座って楽しもう」
自分自身を楽しむ。

このことばを
こころの掲示板に
はっておきたいと
思います!

Posted by しゅてるん at 2019年04月11日 08:04
自分自身を楽しむ....
自然霊たちの楽しみは、人間界の気晴らしや娯楽とはまったく別次元の、
真の喜びであり楽しさなのでしょうね...
Posted by Sachiko at 2019年04月11日 22:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]