2019年03月10日

牧神の系譜

フォーンのタムナスさんつながりだが、牧神の仲間については手元の資料が少ない。

岩波版のギリシャ神話によれば、パンは森林、山野、家畜と牧人の守護神で、サテュロスも森林山野の神である。
どちらも剛毛に覆われ、頭には短い角があり、山羊のような足をしている。

ローマ神話のファウヌスは、サトゥルヌスの孫であるという。サトゥルヌスは英語表記にするとサターン(Saturn)で、土星の名前にもなっている。

このファウヌスは、田野と牧人などの神だ。
フォーン(Faun)はどう見ても、単純にファウヌスの英語表記に見えるのだが.....

…Wikiに少し違うことが書かれているのを発見。
フォーンは、ギリシャのパンやサテュロスよりも、はるかに美しく気品があり、おとなしい性質の平和主義者だという。
Wikiの情報は必ずしも当てにならないかもしれないと思うけれど、この話は気に入った。タムナスさんにぴったり♪

ギリシャ神話に戻ると、牧神パンの名は「汎」の意味であり、万有と自然の人格的象徴だそうだ。
パン、サテュロス、ファウヌスは、ほとんど同じ性格のものに違う名前がついているだけだともいわれている。

「パニック」の語源は牧神パンの名前だと聞いたことがある。
パンは夜に森を通る人々から怖れられていて、何もなくてもそういう場所で恐怖を感じるのはパンの神のしわざとされて、Panic terrorと呼ばれたのが元だとか。

牧神の話はあのフィンドホーンとも関わりがあるのだが、農業に適さない北の砂地が楽園のようになったのは、やはり自然をつかさどる神的なはたらきなしにはありえなかったと思う。
 
posted by Sachiko at 21:45 | Comment(2) | 神話・伝説
この記事へのコメント
リクエストに
お応えいただき
ありがとうございます!

フォーンと
おともだちに
なりたい。
改めて思う次第。

フィイドホーン
にはフォーンが
いそうなので
フィンドフォーン
(寒いオヤジギャグ^^;)

こんどパニくったら
パンのことを
思い出してみよう。
落ち着くかも・・?

さて、
ケンタウロス
も気になる
ところです。
Posted by しゅてるん at 2019年03月11日 07:49
フィンドホーンに関係のあるパンは、初期のキリスト教会が
自分たちを悪魔のモデルに仕立て上げたと言っていたそうです。
そのことが恐怖を呼び、「パニック」につながったのだとか。

ケンタウロス族にも、いろいろなキャラがいるみたいですね。
Posted by Sachiko at 2019年03月11日 21:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]