2019年03月09日

手回しオルガン

「ムーミン谷の冬」より

トゥティッキは水浴び小屋をきれいにそうじして、もとの水浴び小屋に戻した。
お日さまは日増しにあたたかく照りかがやき、窓の外の土の下では、球根が芽を出そうとしている。

海の氷は割れて、ばらばらの氷の島になった。
ムーミンは海に落ちて風邪をひき、そのクシャミでママが目を覚ました。冬のあいだに何があったのか、ムーミンはママに話したいことがたくさんある。

翌朝、ちょうど目を覚ますべきときに、手回しオルガンの音がして、みんなも目を覚ました。
トゥティッキの手回しオルガンは鳴り続け、お日さまの光はムーミン谷に降りそそいでいる。
今日はきっとスナフキンが帰ってくると、ムーミンは考える。
オルガンを回しながら、トゥティッキは谷間の向こうへ去っていった。


こうして、ムーミン谷は春になった。
そう、これ、これ!と言いたくなるような、北の春の描写。

太陽は日ましに明るくあたたかくなり、あんなにうず高く積もっていた雪の山は、毎日少しずつ小さくなって、ついにある日、消えてしまう。
もうすぐ、雪がすっかり消えるよりも早く、薄くなった雪をつきぬけてスノードロップやクロッカスが咲き、チューリップが芽を出す。

ムーミン谷では、手回しオルガンの音とともにトゥティッキが行ってしまったあと、スナフキンが帰ってきて、橋の上でハーモニカを吹くだろう。

昔ウィーンの街角で、古風な衣装を来て、大きな箱型の手回しオルガンを奏でているおじさんを見たことがある。
街角の大道芸人たちは、今もいるのだろうか。
古いオルガンの音と、ゆっくりした時間が懐かしい。
 
posted by Sachiko at 21:50 | Comment(2) | ムーミン谷
この記事へのコメント
地図でフィンランド
を見てみると
ずいぶんフラットな地形
で、びっくり。
(北部に山岳地帯が
 あるけれど、さほど
 高山ではないようだ)

これでは「谷」など
どこにあるのか?

ムーミン谷は
どこ?


わたしがぶつくさ
言っていたら、
てっちゃんが
「ここ」
と迷いなく
ある一点を指しました。

「そ、そこなんだ」

エゾエンゴサク

カタクリ
咲いたら
ぜひ見に来て
ください♪

Posted by しゅてるん at 2019年03月10日 07:50
そういえばフィンランドの地図を
じっくり見たことがないです。
おさびし山も、そう高い山ではないのですね。
オランダの最高峰は320メートル、という、
どうでもいい話を思いだしました...^^;
Posted by Sachiko at 2019年03月10日 21:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]