2019年02月11日

「満月の夜のさんぽ」

1年間の満月の夜の散歩のお話。
(フランシス・ハマーストロム 偕成社)

fullmoon.jpg

お母さんは、小さな兄妹アランとエルバに、「これから一年間、毎月満月の晩に〈探検〉に連れて行ってあげましょう」と約束した。
満月の夜にはいつも、すばらしいことが起こった.....

鳥の鳴き声に誘われたり、ホタルの群れを見たり、クローバーは夜には葉を折りたたむことを発見したり、自然の中にはたくさんの驚きがある。

そしてやはり冬は格別だ。
大雪のあとの凍った池の上で、二匹のキツネがジャコウネズミを取りあってじゃれている。

零下35度の中、オコジョたちが跳びまわって遊んでいる。できるだけ静かに近づくが、オコジョは木の根元の巣穴に隠れてしまった。

小さいエルバは雪の上のキラキラを数える。お母さんがつぶやく。
「…草の上や木の葉の上や雪の上の、何百万、何千万というキラキラに、だあれも気がついてないわ。そう、わたしたちだけは別ね。」

エルバが鹿をそばで見たいと言ったので、窓辺にリンゴを置いて、鹿が食べにくるのを観察する。

お母さんが木から折り取ったつららを子どもたちが舐めてみると甘い。
嵐で割れたシュガーメープルの木から樹液がしみでて凍ったのだ。

たくさん折り取ったつららをパーカーに包んで持ち帰り、バケツに入れて煮詰める。ずいぶん時間がかかったが、ついにみんなは本物のメープルシロップをかけたホットケーキにありついた。

あとがきにはこう書かれている。
わたしのふたりの子どもたちアランとエルバは、月夜に探検したことをけっして忘れることがないでしょう。

数年後大きくなったエルバは言った。
「わたしもきっと、子どもたちをつれて満月の夜に散歩をするわ。」


そこにはすばらしい自然が拡がっていた。
雑木林、池、鳥や虫や動物たち、季節ごとの植物、雪、樹氷。そしてそれらを照らす月の光。
子ども時代にとって、なんとすてきな糧だろう。

雪の上のキラキラは、都会でも見られるし、ほんとうに美しい。気がつかずに通り過ぎてしまうのはもったいない。
 
posted by Sachiko at 22:21 | Comment(2) | 児童文学
この記事へのコメント
雪の結晶は
原子の構造が
凍結されたために
可視化されたもの
なのだそうです。

雪のひとひら
ひとひらは
それぞれが
微妙に異なった
気温や湿度の空を
降りてくるので
ひとつとして同じ
形状のものは
ないのだそうです。

ひとも同じ
ですね。
霊的に進化すると
美しい結晶が
あらわれるかも
しれませんね。

零下35度!
での
外出はビビりますな^^;
でも
さぞかし美しい
ことでしょうね!

Posted by しゅてるん at 2019年02月12日 07:30
雪の結晶も、木の葉っぱも、まったく同じかたちのものは二つとない....
自然は機械的なコピーを作らないのですね。
シュタイナーは、雪の結晶として表現される力が、
人間の中にもはたらいていると言っていますね。
いつか、唯一無二の美しいものへと進化していくのでしょうか...
Posted by Sachiko at 2019年02月12日 22:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]