2019年01月31日

オホーツクの人々

ムーミン谷の冬のかがり火の話から、オロチョンの火祭りというのを思い出した。

これは冬ではなく夏に行われる網走市主催のイベントで、実際の伝統祭りとは関係なく、かつてオホーツク地域に住んでいた少数民族の文化に思いをはせるイベントだそうだ。

北海道にはアイヌの他にもウィルタやギリヤーク(今はニヴフというらしい)という少数民族がいると、たしか小学校の頃に習った。
アイヌ以外は先住民ではなく、戦後サハリンなどから移住させられたのだが、長くなるのでこのあたりの話は省く。

その人たちはどうなったのだろう。
ウィルタの長のゲンダーヌさんは、昔テレビで見たことがある。
どうやら、最後のひとりも亡くなり、民族はとだえてしまったらしい。固有の言語もあったようだが、それも失われてしまった。

シャーマンを持ち、自然と共に生きる人々は、なぜ世界のどこでもいつの時代にもこのような運命をたどるのか...
強い力を振るい、大きな国土を手に入れ、さらに多くを得ようとする人々によって、どれほどの小さな文化圏が失われたり、失われかけているのか....

消えてしまったオホーツクの人々....
なぜか少数民族に心惹かれる。たぶん、自分がこの世の少数民族のような気がしているからだろう...
 
posted by Sachiko at 21:21 | Comment(2) | 北海道
この記事へのコメント
オホーツク
という
ことばの響き。

これは
ギリヤークか
ウィルタか
そのへんのことば
なのでしょうね。

オホーツクの
海の青は格別で
そのことば同様に
異国というか
別世界な感じが
します。

多様な文化やことばを
なぎ倒し
破壊しておいて

たとえば
いまごろ
(東京オリンピックを前に)
アイヌ文化を
ちやほやして利用しようと
するその心性・・。

マイノリティーな存在
が気になるのは
自分も世の中のはじっこ
にいるからなのだろうな
と思う次第。

ゆうべ
ふと
デルスー・ウザーラ
のことを思い出して
いました。


Posted by しゅてるん at 2019年02月01日 08:05
力で支配し、奪い、なぎ倒していくようなことを
「強い」と呼ぶのはいいかげんやめてはどうか、と思っています。
(もう一度強い〜〜を!と、どこかの大統領は言ってますが)
多様さは自然の美しい本性だというのに....
Posted by Sachiko at 2019年02月01日 21:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]