2018年08月08日

ナスタチウム

昔は“キンレンカ(金蓮花)”という名前で呼ばれ、わりとどこの庭先でもよく見かける花だった。

nasturtium.jpg

毎年種から育てているが、発芽率があまり高くないので、あちこちに1個ずつ種を埋めて、どれか芽を出せばいいや、と思っている。
するとたいてい忘れた頃に、どこかでひっそり育っていたりする。

映画「西の魔女が死んだ」で、主人公のまいが、おばあちゃんからナスタチウムを摘んでくるように言われるが、少女はナスタチウムがすこし苦手だ。

たしかに、ワサビのようなピリッとした風味は大人の味だ。花にも独特の風味があり、エディブルフラワーとしてサラダなどに添える。
いずれにしても、サラダに添えるのは葉っぱ1〜2枚、花は1輪、それ以上だとこの風味は少々強すぎる。

ナスタチウムの花は色鮮やかで、花の少なくなる夏には目を引くアクセントになる。ビタミンCやミネラル豊富で薬効もあるらしい。観賞用、食用、薬用と、楽しい万能ハーブなのだ。

たくさんのハーブが植えられた西の魔女の庭は、どこかしら不思議な雰囲気がただよっていた。ハーブにはやはり密やかな魔力がある.....
  
posted by Sachiko at 22:11 | Comment(2) | ハーブ
この記事へのコメント
ナスタチウムさん
あそこに
いらっしゃいましたね。

食すことのできる植物に
めっぽう弱いわたし^^;

もちろん
my空想庭園には
ナスタチウムが
咲き誇っております!

青い空に
ナスタチウムの花の色
のコントラスト
夏だな〜。
Posted by しゅてるん at 2018年08月09日 06:08
ハーブの世界に首を突っ込むまで、ナスタチウムが食べられることを知りませんでした。
南米原産ということで、あの鮮やかな色に納得です。
Posted by Sachiko at 2018年08月09日 20:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]