2022年06月29日

「生活維持省」

星新一のショートショート「生活維持省」は「ボッコちゃん」という短編集に入っていて、中でも印象的な話だった。
読んだのは高校生の頃で、本も今は手元にないが、大筋はこんな話だ。

戦争も犯罪も公害もない、豊かで平和な世界というユートピアの仮面をかぶったディストピアの物語。

その平和な世界を維持しているのは、“人口調整”のシステムだった。
システムを遂行する生活維持省の職員は、毎日コンピュータで無作為に選ばれた人間を殺す役割を持っている。

ある日職員の男は、アリサという少女の家に行く。
彼女は留守で、出てきた母親は彼の身分を知ると、「死神...」とつぶやく。

「なにもアリサを、これまで育ってきたかわいいアリサを!」
抗議する母親に対し、このシステムをやめればまた昔のような混乱した世の中になってしまう、決定には従うしかない、と諭す。

森で木いちごを摘み、歌いながら帰ってきたアリサは、何も知らないまま光線銃で射ち殺される。

次の行先を訪ねる同僚に、男は「さっき通った小川のほとりがいいな」と答える。

「いいなって何だい、休むつもりかい」

男は次の名前のリストを見せる。そこには彼自身の名前が書かれていた...


書かれたのは1960年で、もう60年以上も前のことだ。
にもかかわらず、妙に今日的に見える。

かつての世界の混乱は、人口過剰が原因だった。
“安心安全”で平和な世界を実現するために作られた、政府による人口削減システム....

毎日一定数の人々が突然、“消されて”いく。
アリサの母親のように、理不尽に愛する者を失う人々もまた日々増えていくはずだが、いつかシステムに抗議して立ちあがる人々が現われることはないのだろうか。

それとも、かつての混乱した世界に戻るより、このロシアンルーレットを受け入れる方がまだましだと思うのか...

あるいは、物語には書かれていないが、身近な人たちからは、その人が存在したという記憶すら消されてしまうということは?
それなら抗議集団が現われることはないだろうけれど....

リストに自分の名前を見出した男は、この平和な世界にこれだけ生きられて楽しかったと、すべてを受け入れているように見える。


物語の中では戦争も犯罪も貧困も過去のもので、生活維持省職員の車は、豊かで平和な美しい街並をゆく。

選ばれた少女が帰宅する様子も、いかにも穏やかで幸福そうな雰囲気の中にある。
その明るい空気感の描写が、じわりと怖い。
  
posted by Sachiko at 22:02 | Comment(0) | SF