2022年04月06日

見えないものたちとの暮らし

見える世界と見えない世界、世界が二つあるのではなく、それらは一体で、一方だけでは存在し得ない。

早春、草木が芽吹き、最初の花が咲く。
花は見えるけれど、花を咲かせるはたらきは見えない。

人間はいつからか、見えないものは存在しないことにしてしまったので、とても非現実的で危険な生き方をすることになった。


一枚の葉っぱの霊性。
一粒の雨の霊性。
一陣の風の霊性。

それらは見える部分よりもはるかに大きい。
太陽や月、遠い星々も、地上の小さな花と手を取りあう。
見えないものに取りまかれた暮らしは豊かだ。

これはずいぶん昔に書いたもので、たぶんここには載せていなかったと思う。


   〈妖精と暮らす〉

  水や風 鳥や虫や花々の
  いのちのながれを司り
  人の働きを助ける

  忘れ去られた彼方に
  時を分かちあっていた
  ちいさな者たち

  庭を舞う
  金に輝く夏の花粉の
  あるいは
  部屋の隅の翳りの中に

  棲みつづけ
  古い知恵を伝える者たちの
  言葉に 耳傾けて

  今ひとたび 妖精と暮らす
   
posted by Sachiko at 21:47 | Comment(2) | 妖精