2022年01月16日

短い静けさの日々

古いテレビがついに壊れた。
地デジに移行する前に、地デジ対応のテレビを買っておこうということで買ったもので、10数年経っているはずだ。

私は今度テレビが壊れたらもう買わないつもりだった。

「テレビがないと時間がゆっくり過ぎるね」と言ったら、
「そんなことはない!」と、我が家のテレビ中毒の輩が禁断症状を起こしたので、結局買ってしまった(>_<)。

全くテレビの音がしない静けさがあったのは、三日間だけだった。
確かに空気が違ったと思う。柔らかく、空間が大きくなっていた。
テレビの音にかき消されていた、家の息遣いが感じられる気がした。

またテレビが来て、設定を終えて試しにつけてみた時に流れていたCMソングが、その後しばらく頭の中をグルグルしていた。こういう現象をディラン効果とかいうそうな。
テレビの策略として、CMソングというのは頭に残りやすく作られている。

昔何かの本に書かれていた「黙っていてもうるさい人というのがいる」という一文を思い出した。
テレビはまさにそれだな、と思う。ついていない時でもうるさい。


テレビのない時代は、人は否応なしに静けさと共存しなければならなかった。
古い歌の一節にこんなのがある。

〜ふるさとの冬はさみしい
 せめてラジオ聞かせたい〜

昔の田舎の冬の静けさは、時に耐えがたいほどだっただろうか。
(田舎の親戚の家には、なぜかどこも大画面のテレビがある。)
現代人の静けさへの耐性の無さは、昔の比ではなさそうだ。

こうして私のテレビなしの暮らしは、またおあずけになった。
新しいテレビは、あと10年くらいは持つだろうな....
   
posted by Sachiko at 21:53 | Comment(2) | 暮らし