2022年01月06日

エピファニー2022

今年もエピファニー。
12聖夜が明けるといつも、特別な時空間を抜けた気分になる。
実際、この時期は天とのあいだの壁が薄くなっているそうだ。

旅のおさらいをしてみよう。

アドベントは、宇宙に鉱物界、植物界、動物界、人間界が現われてくる宇宙進化のプロセスを辿って、聖夜に至る。


クリスマス、魂の深奥で聖なる子どもが誕生する。

霊的な真の自己である“私”という意識をもって人生の責任を引き受ける決意とともに、階梯を上っていく。

愛することと赦すこと、他者への愛と敬意。
“私”という存在に気付き、体験や思いを十字架にかけ、新たな段階に引き上げる。
すべての人は神聖な存在であるという認識、内なるキリストの体験へ。


エピファニー、ヨルダン川でバプテスマのヨハネから洗礼を受けたイエスの中にキリストが降臨する。

「これはわたしの愛する子、わたしの心に適う者である」(マタイ3-17)

クリスマスの物語同様、エピファニーもまた、未来には個々の魂の中で起こるべき出来事なのだろう。

--------

11月末からの壮大なクリスマスの旅が終わり、今日はツリーを片付けた。
明日で松の内も終わるので、お正月飾りも片づける(日本人なもので....(^^;)

ほんの少し日が長くなり、光にかすかな春を感じるようになっていく。
   
posted by Sachiko at 14:22 | Comment(0) | クリスマス