2022年01月02日

9月に向けて---第九夜

-----

シュタイナーが伝えた12夜の話から

私たちの個人的な復活には、新しいレベルの客観性が伴う。
以前そうしていたように、物事を個人的にとらえることはなくなる。

それは人生で何が起ころうとただ平静に受け止めるということではなく、これまでよりもより高い次元から、切り離して観ることができるようになる。

出来事から超然としていられる時はいつでも、“私”という存在を通して人生に対応していることがわかる。
そうでない場合は、低次の自己で対応している。低次の自己は、ある状況においては子供のような振る舞いをする。

低次の自己は自分なりのやり方を求めるが、それはたいていの場合、最も抵抗の少ない方法だ。
しかし、面倒なことに対していつものように反応するのを我慢すれば、解放された気分になる。

試してみるといい。次に誰かに煩わされたら、一呼吸おいて、スペースを作り、自分にこう言う。"もしこれが誰か他人に起こったことなら、私は苛立つだろうか?"

こうして、私たちは自分の低次の感情的な反応をコントロールするために意志を働かせる。
相手の言葉や行為をそのまま通り過ぎるにまかせると、やがて忘却の彼方へと流れ去っていく。
そうすると、相手が何をしたにせよ、その力は失われ、みんなにとって益になる。

さらに、「自分に起こることは自分で引き寄せている」ということを覚えておけば、このような小さな試練にもすぐに気づき、新年の誓いを強化する方法として捉えることができるだろう。

-----

低次の自我のやり方では大抵の場合、よいと思われることも悪いと思われることも、それが自分に起こった場合と他人に起こった場合とでは、反応や呼び起こされる感情が全く違い、時には真逆のものだったりする。

シュタイナーの修行法でもこの点について言及されている。
自分に起こったことを見る時には、それが他人であるかのように客観的に見ること。
他人に起こったことを見る時には、それが自分自身であるかのように共感をもって見ること。

言われるほど簡単ではないが、フィンドホーンのゲームでこれに似たものがあった。

互いに向き合って、自分の言葉を相手のものであるかのように、相手の言葉を自分のものであるかのように聞く(この時の発言は肯定的なものに限られる)。

続けていくうちに、どちらがどちらのことを言っているのかわからなくなるような不思議な一体感が起こってくる。

☆ ☆ ☆

これはまったく個人的にだけれど、12夜の旅は、地上から遠く離れて銀河鉄道で旅するような気分になる。

「・・・おまえがあうどんなひとでも、みんななんべんもおまえといっしょにりんごをたべたり汽車にのったりしたのだ。だからやっぱりおまえはさっき考えたように、あらゆるひとのいちばんの幸福をさがし、みんなといっしょに早くそこに行くがいい・・・」(『銀河鉄道の夜』より)
   
posted by Sachiko at 08:40 | Comment(0) | クリスマス