2021年02月18日

白日夢

マリア・グリーペ「森の少女ローエラ」より。

冬の薄暗い日々が終わり、町に光が戻ってきた。
ある朝ローエラが、クリスマスにママが送ってきたすてきな青いブラウスを着て学校へ行くと、少女たちはローエラを取り囲んで褒めそやした。
前に町でいっしょにアイスクリームを食べたエーバがきいた。

「それ、パパからでしょ」

「ええ....パパからよ」

そう答えて、ローエラはうきうきした気分になった。
うそなのに、ほんとうらしく思え、不思議に良心のとがめを感じない。
ブラウスがパパからのプレゼントだったらいいなと心から願っていて、それが本当のことのように感じられてしまったのだ。

どっちみち町にいるのは冬のあいだだけだ。
氷がとけたら港の船の出入りが再開されて、パパが来るにちがいない....
しだいにローエラは白日夢のとりこになっていった。

ローエラは頻繁に鏡の前に立つようになった。
髪を整え、すてきな青いブラウスを着た姿は、パパのいる、しあわせな少女----かかしではないほんものの〈パパ・ペッレリン〉の娘なのだ。

--------------------

森のかかしに付けた〈ペッレリン〉という名は、おそらくパパの苗字であるぺールソンをもじったもので、ローエラはこのペッレリンという響きを美しいと思っている。

ローエラが入り込んだ白日夢の世界はこんなふうだ。

・・・パパ・ペッレリンの娘が橋を渡っていると、激流に飲みこまれた人がいる。
ためらわずに飛び込み、命がけで助けた人は言う。
「助けてくれたのはあなたですね。なんてお名前ですか?」
ローエラは名前を告げる。
「え、ローエラですって?じゃあ、あんたはわたしの娘に違いない」

ひとつの夢が終わると次の夢がやってきて、ローエラは毎日、燃えている建物の炎の中から、または事故や雪崩や難破や天災から、男の人を救い出し、その度にこの言葉を聞いた。

「じゃあ、あんたはわたしの娘に違いない」


くり返し描く夢は、現実との境目を失って、いかにもほんとうらしく思えてくることがある。
からだがゾクッとするほど、まるで今起こっていることのように感じたなら、それが現実になることもあり得る。

個人的には、幾つかのことがそのように現実になったことがある。
不思議な感覚とともに、これはあのとき思い描いていたのと同じだ!と気づくのだ。

記憶は一方向ではなく、未来の記憶というものもたしかにある。
ある程度長く生きていると、行ったことのある場所にしか行けず、会ったことのある人にしか会えないというのはそのとおりだということが、しだいに確信になってきている。


夢に、文字どおり夢中になっているローエラに、アディナおばさんから手紙が来た。
春になったのでそろそろ帰ってこないか、というのだ......
   
posted by Sachiko at 22:25 | Comment(6) | マリア・グリーペの作品