2021年02月09日

金色の塵

イギリスの児童文学作家エリナー・ファージョンの「本の小部屋」という短編集は、現在は「ムギと王さま」「天国を出ていく」という2冊に分かれて岩波少年文庫から出ている。

子どもの頃に住んでいた家の話から始まる、作者による前書きが楽しい。
その家はどの部屋も本でいっぱいだったが、中でも「本の小部屋」は、他の部屋のように選ばれて整頓された本ではなく、種々雑多な本で埋まっていた。

-------------------

あのほこりっぽい本の部屋のまどは、あけたことがありませんでした。そのガラスをとおして、夏の日は、すすけた光のたばになってさしこみ、金色のほこりが、光のなかでおどったり、キラキラしたりしました。

わたくしに魔法のまどをあけてみせてくれたのは、この部屋です。
そこのまどから、わたくしは、じぶんの生きる世界や時代とはちがった、またべつの世界や歴史をのぞきました。
詩や散文、事実や夢に満ちている世界でした。

・・・

あのちり、ほこりがなかったら、「本の小部屋」は、あのなつかしい部屋にはなれなかったでしょう。
星くず、金泥、花粉.....いつかは土の下にもどり、ふたたびヒアシンスの形をとって、大地のひざから咲き出す“ちりあくた”なのです。

-------------------


実は、本編もさることながら、私はこの前書きがいちばん好きだ。
降りつもった塵は、降りつもった時間そのもののように、本に閉じ込められた別の世界の気配を、吸い込んでは吐きだしていたに違いなかった。
それらはエリナー・ファージョンの魂の深みに降りて、物語という新たな花を咲かせた。


ところで私は子どものころ、朝目覚めたときにカーテンの隙間から射す光のすじを見るのが好きだった。
光が当たっていなければ見えない細かなほこりが、キラキラと浮かんでいる不思議。
本の小部屋があるような家ではなかったが、別の世界へ誘う小さなものは、日常の中にも見つけることができるものだ。

ごくたまに訪ねた田舎の親類の家には、本の小部屋があった。
私はそこで「不思議の国のアリス」や「ロビン・フッドの冒険」、「君よ知るや南の国(※ゲーテの『ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』の中から、少女ミニヨンの章を抜粋したもの)」などを読んだ。
本棚のほかには何もない、文字通りの本の小部屋だった。

エリナー・ファージョンの前書きには、ふたつの魅力的な詩の断片が載っている。


-------------------

「このしずかなちりこそは」と、アメリカの詩人、エミリー・ディキンソンはいっています。

 このしずかなちりこそは
  紳士に淑女、若衆にむすめ、
 その笑い、ちから、ため息、
  おとめらの服、まき毛。

そして、イギリスの詩人、ヴァイオラ・メネルは、「昼、ひそやかにきて」彼女の棚の上の輝いているものの上につもるほこりをふきながら、つぎのように考えます。

 けれども、ああ
 わたしがぬぐい去る、このちりは、
 花や王たち、
 ソロモンの寺、詩人、ニネヴェなのだ.....

わたくしが、目をいたくしながら、こそこそと本の小部屋を出てくるとき、わたくしの頭のなかには、まだ、まだらの金の粉がおどり、わたくしの心のすみには、まだ、銀のクモの巣がこびりついていたとしても、ふしぎはありません。

-------------------


ほこりを金色に、クモの巣を銀色に輝かせる“何か”は、まさに、土の下に沈み、いつかふたたび姿を変えて現れる、創作という錬金術の種だ。
ほんの短い前書きの中で語られている金色の塵が、そっと開けてくれる扉の、向こう側の世界は広い。
  
posted by Sachiko at 22:52 | Comment(0) | 児童文学