2021年01月21日

「月夜のみみずく」

「月夜のみみずく」(Jane Yolen / John Schoenherr)

owlmoon.jpg

冬の夜ふけ、とうさんと“わたし”は、みみずくを探しに森へ出かけた。

みみずくに会いにいくときは、しずかにしなくちゃいけない。

森につくと、とうさんは、わしみみずくの声で呼びかけた。
“ほうーほう ほ・ほ・ほ ほーう”

それからもずんずん歩いて、森の中にはいりこむ。
森のあき地を、真上から月がてらして、雪はミルクより白い、まっ白。

もの音を聞きつけて、とうさんは呼びかけた。
“ほうーほう ほ・ほ・ほ ほーう”

へんじが、かえってきた。
“ほうーほう ほ・ほ・ほ ほーう”

とうさんとみみずくは、おしゃべりしているみたい。

みみずくの声は近くなり、とつぜん、わたしたちの真上をとんだ。

木のえだにとまったみみずくと、わたしたち、じっと見つめあった。

やがてみみずくは、おおきなつばさ動かして、森のおくへと帰っていった。

-----------------

 みみずくに あうときは
 おしゃべりは いらないの
 あいたいな あえるかなって
 わくわくするのが すてきなの
 それが とうさんに おそわったこと

-----------------


これまでも何冊か紹介した、ジェーン・ヨーレンの作。

冬の森は、静かで、美しく、厳かだ。
そこに息づくものたちも、威厳に満ちている。

森の生きものたちに会いたければ、その威厳に敬意をはらい、ふさわしい態度で近づかなくてはならない。

凍てつく冬の夜、少女は初めてみみずくに会いにいく。
針葉樹の暗い影と、真っ白に輝く雪。
木の祠から顔をのぞかせる小動物....

そして、大きく翼を拡げたみみずく....
けれど冬の森に、多くの言葉はいらない。
それ自身が語る沈黙で十分だ。


北海道にのみ生息するシマフクロウは、昔ずっと「縞フクロウ」だと思っていたが、後日「島フクロウ」だと知った。

これも絶滅危惧種だ。営巣できる場所が少なくなってしまったのだ。
野生の生きものたちが生き延びるためには、人間も自分のほんとうの姿を思い出さなくてはいけないだろう。
   
posted by Sachiko at 21:59 | Comment(2) | 絵本