2021年01月06日

エピファニー --- 1月6日

聖十二夜の旅を終えて、今日はエピファニー。

元のテキストの「TWELVE HOLY NIGHTS ― A Contemplative Guide」には、この日の分の記述もあるのだが、それは著者による「Fifth Gospel a Novel」という本の一部が紹介されているもので、わかりにくい内容なのでここでは省いた。

シュタイナーの「第五福音書(Fifth Gospel)」は日本語版が出ている。
これもシュタイナーの著作の中で最初に読む本ではなく、宇宙進化やキリスト教密儀についてある程度知ってから手にする本だと思うので、これもこれ以上は触れない。


2020〜2021年にかけての十二夜は、時代の変わり目として特に重要だと感じて始めたこの旅は、思った以上にずっしりとした体験になった。

人間は大宇宙の写しであるということをあらためて感じる。
宇宙は叡智に満ちていて、星々や天使たちはそれぞれの持ち場で今も役割を遂行している。

地上の人間社会だけを唯一の現実として見ていると、人間存在を認識することはできない。人間は宇宙に属している。
人間が自分を貶めることは、宇宙を貶めることになる。

アドベントの始まりから5週間以上経って、今日でクリスマスシーズンは終わる。
今年は遥か天空から降り注ぎ続けているものを感じながらのエピファニーとなった。

--------------------

・・・
それは、太陽と月とあらゆる惑星と恒星が、じぶんたちそれぞれのほんとうの名前をつげていることばでした。

そしてそれらの名前こそ、ここの〈時間の花〉のひとつひとつを誕生させ、ふたたび消えさらせるために、星々がなにをやり、どのように力をおよぼし合っているかを知る鍵となっているのです。

これらのことばはすべて、彼女に語りかけられたものなのです!
全世界が、はるかかなたの星々にいたるまで、たったひとつの巨大な顔となって彼女のほうをむき、じっと見つめて話しかけているのです!

 ミヒャエル・エンデ「モモ」より
・・・
   
posted by Sachiko at 06:00 | Comment(2) | クリスマス