2020年10月24日

強すぎる光

「ANAM CARA -- A Book of CELTIC WISDOM」(John O'Donohue)より。

--------------------------

現代人は、かつてないほど霊的に飢えている。
人々はますます内なる世界に目覚め、永遠なるものへの飢えと渇きが魂の内に沸き起こっている。これが新しい意識の形なのだ。

しかしながら、この霊的な飢餓の有害な側面のひとつは、強烈で執拗な光ですべてを照らし見るというやり方にある。

現代人の意識は穏やかでも敬虔でもなく、神秘に対する配慮なくして未知なるものを暴きだし、支配しようとする。

どぎつい光は、魂の翳りの世界に寄り添うには、あまりに直接的で明晰すぎる。それは秘めやかに隠されたものに対する礼を欠いている。
ケルト人の精神は、個々の魂の深みと神秘に対する敬意をわきまえていた。

魂はすべてを露わにさらけ出すようには作られていない。むしろ薄明りの中にあることを心地よく感じる。

電気がなかった頃、人々は蝋燭の灯りで夜を過ごした。
蝋燭の灯りは闇に親しむ理想の光であり、そっと暗闇に洞を開けて、想像力の活動を促す。

蝋燭の灯りは魂の神秘と自律に敬意をはらい、ふさわしい仕方で照らすことを心得ている。
その灯りは入口にたたずむ。光は聖所に踏み入る必要はなく、そうしようとも思わない。

--------------------------

以前書いた、アイルランドの妖精話に出てくる話を思い出す。
アイルランドの隅々まで電気が普及して以降、妖精にまつわる体験談が急速に消えていった、という。

強い光のもとでは神秘がかき消されてしまう。これはまさに現代人の魂にとっての危機である。
“薄明り”は、ケルト文化のキーワードのひとつのようだ。

ウィリアム・バトラー・イエイツの「ケルトの薄明」(The Celtic Twilight)という本がある。
土地の語り部である老人から採話された、妖精や幽霊、不思議なものたちの物語にイエイツが編集を加えたものだ。

妖精たちは、薄明りの中の住人に違いない。
彼らは人間の魂の、秘めた暗がりに親しいものたちで、蝋燭の灯りのもとで語り継がれるのがふさわしかっただろう。

強い光で照らすことで、すべてが見えるようになるとは限らない。
薄明りの中、繊細な魂が敬意をもってそっと触れることでしか見えないものが確かにあるのだ。
  
posted by Sachiko at 21:15 | Comment(2) | ケルト