2020年10月11日

円環

「ANAM CARA -- A Book of CELTIC WISDOM」(John O'Donohue)より。

--------------------------

ケルト人の意識はけっして直線に惹かれることはなく、確実さの中に満足を求める在り方やものの見方を避けていた。

ケルトの精神は、円と螺旋の神秘に深い敬意をはらっていた。
円は最も古く、最も強力なシンボルの1つである。

世界は円であり、太陽と月も然りである。
時間そのものも、円を描く性質を持っていて、一日や一年は円環を作っている。

最も身近なところでは、個々の人生もまた環を描く。
円は人の目や精神の前に、けっしてその全貌をすっかり明かすことはないが、複雑かつ神秘的なものを真摯に迎え入れ、深さと高さとを共に包み込む。

円はけっして、神秘を直線的な一方向に還元したり序列をつけることはない。この懐の大きさは、ケルトの精神の奥深いところに認められるもののひとつである。

魂の世界は深く秘められている。その秘密と神聖は姉妹である。秘められたものが尊重されないとき、神聖は消え去ってしまう。

ゆえに魂の世界は、あまりに苛烈な強すぎる光で照らすべきではない。
ケルト人の意識の光は、明暗の境界に映る半影である。

--------------------------

「ANAM CARA」の中の、この文章の描くところは何とも美しく、わが意を得たり、という思いを強くする。まさに、これなのだ。

円環上には中心がなく、起点も終点もない。同時に、任意のどの点もそうなり得る。
これは直線上の序列やピラミッド型構造とは本質的に違っている。

そこから古代の叡智に基づく世界がどのような姿をしていたかを見てとれる。
円と螺旋は、多くの古代文明の中に、また少数民族となってしまった各地の先住民の文化にも象徴的に見られる。

直線的な文明は、円を駆逐するのでなく、正しく結びあったなら、聖なる形である螺旋に上昇することができたのだ。
螺旋は、未来においてその実現を示唆する形のように思える。

「強すぎる光は、光本来の役目を果たすことができない」とどこかで聞いた。
明暗のあわいにある半影は、強すぎる光を当てたときには見えない神秘をそっと映し出すだろう。
次に来る文明は、この優しいあわいの光のもとに立ちあげられることを願う。
  
posted by Sachiko at 22:02 | Comment(2) | ケルト