2020年09月18日

「フィオナの海」

アザラシつながりで、映画「フィオナの海」(1994/アメリカ、原題は The Secret of Roan Inish)より。

少女フィアナは、父によって祖父母の元に預けられて暮らすことになる。
近くの島ローン・イニッシュは、かつて家族が暮らしていた場所だ。

母親が死んで一家が島を離れる時、幼い弟はゆりかごといっしょに波にさらわれ行方不明になってしまった。
フィオナは弟が生きていると信じ、島へ渡る。

そしてフィオナは不思議な話を聞く。
一族はセルキーの血を引いていて、弟もその血の濃いひとりだ、と。
フィオナは島で弟らしい少年の姿を見かけるが....


異類婚姻譚は世界中にあり、アザラシ女房の話はスコットランドの島々やアイルランドに伝わっている。

地方によって多少異なるものの、大筋はこのような話だ。
アザラシが海岸で皮を脱ぎ捨てると、美しい若い女性の姿になる。
それを見た男が彼女を家に連れ帰って妻にし、アザラシの皮は隠しておく。

やがて子どもも生まれ幸せに暮らすが、ある時夫の留守中に、隠してあった皮を見つけ、それを着てアザラシの姿に戻り海に帰っていく。
このように人間の姿になることのできるアザラシはセルキーと呼ばれる。


映画の中でも、セルキーがアザラシの皮を脱いで人間の女性になるシーンは印象的だ。

北の海辺の、荒々しくも美しい自然。
波間に浮かぶゆりかご、アザラシの群れ.....
透きとおるような、魂に届く映画らしい映画。

残念ながらDVDやブルーレイは出ていないらしい。
↓これは家にある古いVHS版。

fiona.jpg
  
posted by Sachiko at 22:21 | Comment(0) | 映画