2020年09月18日

「フィオナの海」

アザラシつながりで、映画「フィオナの海」(1994/アメリカ、原題は The Secret of Roan Inish)より。

少女フィアナは、父によって祖父母の元に預けられて暮らすことになる。
近くの島ローン・イニッシュは、かつて家族が暮らしていた場所だ。

母親が死んで一家が島を離れる時、幼い弟はゆりかごといっしょに波にさらわれ行方不明になってしまった。
フィオナは弟が生きていると信じ、島へ渡る。

そしてフィオナは不思議な話を聞く。
一族はセルキーの血を引いていて、弟もその血の濃いひとりだ、と。
フィオナは島で弟らしい少年の姿を見かけるが....


異類婚姻譚は世界中にあり、アザラシ女房の話はスコットランドの島々やアイルランドに伝わっている。

地方によって多少異なるものの、大筋はこのような話だ。
アザラシが海岸で皮を脱ぎ捨てると、美しい若い女性の姿になる。
それを見た男が彼女を家に連れ帰って妻にし、アザラシの皮は隠しておく。

やがて子どもも生まれ幸せに暮らすが、ある時夫の留守中に、隠してあった皮を見つけ、それを着てアザラシの姿に戻り海に帰っていく。
このように人間の姿になることのできるアザラシはセルキーと呼ばれる。


映画の中でも、セルキーがアザラシの皮を脱いで人間の女性になるシーンは印象的だ。

北の海辺の、荒々しくも美しい自然。
波間に浮かぶゆりかご、アザラシの群れ.....
透きとおるような、魂に届く映画らしい映画。

残念ながらDVDやブルーレイは出ていないらしい。
↓これは家にある古いVHS版。

fiona.jpg
  
posted by Sachiko at 22:21 | Comment(0) | 映画
2020年09月16日

「グレイリング--伝説のセルチーの物語--」

「グレイリング--伝説のセルチーの物語--」
(ジェーン・ヨーレン文 / デヴィッド・レイ絵)

greyling.jpg

・・・昔、海辺に漁師の夫婦が住んでいました。
ふたりは暮らしに満足していましたが、子どもがさずからないことを悲しんでいました。

ある夏の日、漁師は迷子になったアザラシの子を見つけ、上着にくるんで家に連れて帰りました。

妻が上着を受けとると、そこにいたのはアザラシではなく、灰色の目と灰色の髪をした子どもでした。

「セルチーだ!陸では人間、海ではアザラシというセルチーの話、あれは作り話だと思っていたのに」

「あなた、この子は陸の上では人間でいられるのね」

夫婦は、絶対にこの子を海には帰すまいと思い、子どもをグレイリングと名づけて育て、けっして海に行ってはいけないと言い聞かせていました。

グレイリングが若者に育ったある日、この地方に激しい暴風雨が襲い、漁師の舟は沖合で沈みそうになっていました。

「だれか、あのひとをたすけて!」
妻は叫びましたが、町の人たちは誰も命がけで漁師を助けようとは思いませんでした。

「母さん、ぼくが父さんをたすける」
そう叫んでグレイリングは海に飛び込みました。

波の下で、グレイリングは大きなアザラシの姿になり、漁師を助けて岸に連れ帰ると、沖に向かって行きました。

海岸ではグレイリングの服だけが見つかり、町の人たちは彼が溺れたのだろうと思いました。

夫婦は悲しみながらも、海に帰ったのはあの子にとってよかったのだ、と思いました。

その後、年に一度、夫婦の小屋のそばの海にグレイリングが帰ってきて、はるかな海の物語や歌を聞かせるのでした....


海ではアザラシ、陸では人間というセルチー(ここではセルチーと書かれているが、一般にはセルキーと表記されることが多い)の伝説は、スコットランドの島々に伝わっている。

子どもが灰色の目と髪をしていたように、そのあたりにいるのはハイイロアザラシだそうだ。

アイルランドでは、ローンと呼ばれる同様のアザラシの化身の伝説があり、動物と人間のあいだを行き来するこのような存在の話は世界中で伝えられている。
そして動物の化身は、たいてい最後は動物界に帰っていくのだ。

アザラシはアイヌ語で「トッカリ」という。
北海道の海沿いの町では、今もふつうにアザラシをトッカリと呼ぶ人たちも多い。
    
posted by Sachiko at 22:21 | Comment(2) | 絵本
2020年09月14日

アナム・カラ

「アナム・カラ  ケルトの知恵」(ジョン・オドノヒュウ)

オドノヒュウ(O'Donohue)というアイルランド名に惹かれて、ケルト文化についての本はやはりアイルランド人によって書かれたものがいいだろうと思い、手にしてみた。

「アナム」はゲール語で魂、「カラ」は友人を意味するそうで、「アナム・カラ」は魂の友だ。

-------------

創造力豊かなケルト人は円環に深く傾倒した。彼らの認識する世界では、人間の経験と、自然と、神の御稜威(みいつ)が相関的に調和して一つの円環をなしている。(プロローグより)

-------------

近年日本でもケルトブームが起きていたが、文献が少ない。
現代のアイルランド人は、直接ケルト民族の血を引いているとは限らないけれど、少なくとも文化の土壌がそこにはあるはずだ。

それにしても、調和した円環を生きる民族はなぜいつも滅ぼされてしまうのだろう。
言葉は民族の魂そのものだから、支配者はまず言葉を奪う。
そうしてゲール語も消滅危機言語になった。


読み進めたいけれど、難はこの翻訳で、古風なだけでなく難読漢字が次々と...(一応カナを振ってある)、しかも意味は前後の文から推測するしかない。

こんなのを理解する人はいるのだろうか...
咫尺、陋巷、容喙、窈瞑、逼塞、固陋、鬼哭啾啾.....

これはごくごく一部である。難読漢字表にも載っていないものが多くてここに書くことができない(>_<)
到底普通の辞書には載っていないが、広辞苑を買う気にもならない。広辞苑になら載っているという保証もない。

それに、広辞苑を引きながら翻訳本を読まなければならないのなら、いっそ原書で読んだほうがよくはないか?
英語版が、20音節もあるような難解な単語を並べて書かれているとは思えないし、きっともっと簡単なのだ。

というわけで英語版を注文してみたので、続きは届いてからにしよう...
  
posted by Sachiko at 22:04 | Comment(2) | 言の葉
2020年09月12日

勝手に作るスピンオフ

大人というものは、どうしようもない....
子どもたちのぼやきで、「グリーン・ノウの川」は終わっている。

「グリーン・ノウの川」には、家主のオールドノウ夫人も、ひ孫のトーリーも、この家に“属している”過去の子どもたちも登場しない。

物語の舞台は主に川で、グリーン・ノウ屋敷そのものが持つ不思議さも、あまり前面には出てこない。
言わばこの物語自身が、シリーズの中のスピンオフのようなものだ。


ほんものの田園の物語には、想像の余地がある。
ルーシー・M・ボストンの別の短編『リビイが見た木の妖精』の中で、グリーン・ノウそっくりの家---これも明らかに作者のマナーハウスがモデルなのだ---に住む画家のジューリアさんがこう言っている。

「ほんものの田園では、どんな不思議なことだって、自由に想像できるわ。それが田園のすばらしさよ。」


それならば勝手に更なるスピンオフを想像してみよう。
毎度のことながら、グリーン・ノウ物語からは去りがたい。

このあと、アイダは家に、オスカーとピンは難民児童収容所に帰ったはずだ。
その後オスカーはカナダの家族にもらわれて行ったのだという。
祖国ハンガリーどころか、ヨーロッパからさえも離れることになったオスカー。

いつか大人になったとき、グリーン・ノウを訪ねたいと思うかもしれない。あれほどすばらしい夏休みはなかっただろうから。

オールドノウ夫人は作者自身がモデルだと言われている。
けれど第1巻が刊行された時、ルーシー・M・ボストンは62歳で、まだひ孫がいるような齢ではないので、オールドノウ夫人は本人よりもかなり上の年齢に設定してあるようだ。

それでも作者同様長生きだったとしたら、20歳になったオスカーがグリーン・ノウを訪ねたとしても、オールドノウ夫人はまだ健在だろう。
夫人もトーリーも、きっと喜んで彼を迎えるだろう。

第4巻「グリーン・ノウのお客さま」には、このように書かれている。

この子たち、アイダやオスカーやピンは、去年グリーン・ノウに遊びにきた。・・・この家があの子たちの心をとらえ、今またあの子たちをここにつれもどそうとしているのだ。

4巻の終わりでオールドノウ夫人は、残りの夏休み、アイダがグリーン・ノウに来られるように取り計らっている。でも、これではひとり足りない。
グリーン・ノウがもう一度、三人をここへ呼び戻そうとしたとしても不思議ではない。
グリーン・ノウが建っている場所は、ほんものの田園なのだ。
   
posted by Sachiko at 22:05 | Comment(0) | ルーシー・M・ボストン
2020年09月10日

道化テラック

グリーン・ノウ物語第3巻「グリーン・ノウの川」より。

夏休みの終わりが近づいたある日、ミス・シビラの荷物を持って村のバス停まで送ったピンは、すっかり興奮して帰ってきた。

ピンは村の店で、『新人大スター 巨人テラック出演』と書かれたサーカスのポスターを見たのだ。サーカスは今夜始まる。
ピンは店で荷下ろしの手伝いをしてお金を少しもらっていた。

「・・・店の人たち、人手がたりないんだって。ぼくたち三人が行って手伝えば、ビギン博士をお礼にサーカスへ招待するくらいのお金ができるんじゃない?」


サーカスのショーが始まり、さまざまな出し物を見ても、子どもたちはテラックを待ちかねていらいらしていた。
ついにテラックが登場したが、博士は他の出し物のとき以上の興味を示してはいなかった.....

道化になったテラックの演技はすばらしかった。観客は興奮して大喜びだった。三人は博士にきいた。

「あの巨人をどう思った?あれが証拠になるでしょ、ね?もうだれも、おばさんのあの歯がほんものでないなんて言えませんよ、ね?」

だがビギン博士の答えはこうだった。

「かれはとてもおもしろかった。とてもすばらしいこしらえものだったわ。」

びっくりした子どもたちがどんなに彼はほんものだと主張しても、博士は作りものだと言い張って取りあわなかった。

「だけど、おばさんは巨人を信じてたんでしょ?」

「たしかに巨人がいたことを信じてます。そう、二千年前にね。
今はもうぜんぜんいないのよ。」

-------------

「ピン、がっかりしたわ。おとなにはなんにもしてあげられないのよ。おとなってどうしようもないものなのよ。」

ピンはため息をついた。
「ぼくにはわからないな。それが世界じゅうでいちばんほしいもので、しかもそれが目の前にあるっていうのに、なぜ見ようとしないのかしら。」

オスカーはもったいぶって言った。
「おとなってものは、しょっちゅうそうなんだ。“いま”あるものはきらいなんだ。ほんとうに興味ぶかいものがあるとしたら、それは“むかし”のものでなくちゃならないんだよ。」

-------------

こうして本物の巨人テラックの姿は、見ようとしない博士の目には見えなかった。

モード・ビギン博士にとって、巨人がいた痕跡は過去の地層から出てくるべきで、今目の前にいてはならなかったのだ。
あの発掘委員会の人々にとって、巨人の歯が認めがたいものだったのと同じように....

三人の子どもたちのぼやきで、物語は終わっている。
でもこの夏休みがすばらしかったことに変わりはない。
この章の始まりにはこう書かれている。

-------------

夏休みが毎日こんな冒険の連続になろうとは、だれだって予期していない。アイダとオスカーとピンは、することがなくなったり、退屈したりすることは、まったくなかった。

あたりまえの楽しみならたくさんあり、まったく同じということはないとしても、なんどかくり返すことができる。

だがほんとうの冒険というものは、けっして二度とくり返すことができない。そういう冒険を子どもたちはしたのだった。

-------------

これで、普通のレジャーとほんとうの冒険とが、天と地ほど違うものであることがわかる。
グリーン・ノウでの夏休みは、子どもたちの中で生涯輝き続けるだろう。

川の冒険でなくても、生涯輝き続けるような何かを自分自身の内に見出すことができるなら幸せだ。

ところで最後に測ったとき、アイダの身長は2センチほど伸びていた。
アビシニア種パラドゥルラの効果かどうかは定かではない。
   
posted by Sachiko at 21:29 | Comment(0) | ルーシー・M・ボストン