2020年05月12日

エゾスズランの謎

森ですずらんを摘んだとき、従姉から「こっちのはエゾスズランだよ」と教わった花があった。

すずらんより大きく、一つの茎にたくさんの花が連なり、細長い花の先がすずらんのように小さく反り返っていて、葉っぱも似ていた。

そのことを思いだしてエゾスズランを調べてみたら、出てきたのは私の記憶の中のエゾスズランとは全く似ていない花だった。そもそもスズランにさえ似ていないじゃないか。

ezosuzuran.jpg

違う、これじゃない....
では、エゾスズランだと教わったあれは何だったのか...?

いろいろ探して、似ていると思ったのはオオアマドコロだった。
エゾスズランはラン科だが、オオアマドコロはスズランと同じユリ科で、花の季節もほぼ同じだ。

オオアマドコロはアイヌ語ではエトロラッキプと言って、薬用にも使われたそうだ。

amadokoro.jpg

同じくユリ科のヒメイズイも似ている。記憶ではラグビーボールのような形の花だったと思うので、花はこちらのほうが似ている気がする。

himeizui.jpg

でもどちらも、これだ!とは言い切れない。子どもの頃見ただけなので記憶があいまいになっている。
結局あの時のエゾスズランの正体は謎のままだ。

すずらんを摘んだ森はまだあるだろうか。
観光地からは遠く、開発が進んだ土地でもないので、ひっそりと残っているかもしれない。

大抵は小さくて地味な山野草は、森の中で人の手による世話も必要としない。
ただ自然の精たちとともにあり、静かに澄んだ“気”が、すっと立ち昇っているように見える。
   
posted by Sachiko at 22:11 | Comment(2) | 北海道