2020年03月21日

フェルウェの妖精たち

『ZWERGE, GNOME UND FANTOME』(アニー・ヘルディング著)より。

----------------

妖精界において、小人は特殊な位置づけにあります。
他のエルフたちは、繊細で優雅で軽やかな、女性的な自然霊ですが、小人はより地上的でこの世界に近い存在に見えます。

小人は通常、やや屈んだ格好で、老人のような長い髭と、形のいい鼻を持っています。
神秘的な存在の小人たちは、神々がまだ地上を歩いていた古い時代から人間と関わってきました。

小人たちは私たちを助けることができ、前夜には終わりそうもないように見えた仕事が、彼らの働きによって、翌朝には突然片付いていることなどが伝えられています。

自然霊たちは、動物にとってもリアルな存在です。
ある日私が森を散策していた時、痩せた小人が私といっしょに走っているのに気づきました。

猫もいっしょにいましたが、猫は明らかに小人をよく知っていて、彼らが初めて会ったのでないことは、その反応からすぐにわかりました。
彼らは互いの周りを回りあってたわむれながら、私について来ました。

-----------------

小人たちが仕事を助けてくれるなど、古いおとぎ話のような話だけれど、きっとおとぎ話のほうが体験に基づいていたのだ。

ところで妖精や小人たちの名前は、日本語に訳しにくい。
本の中ではいろいろな呼び名が書かれている。
Erdmännchen、Zwerg、Gnome、Kobold、Wichtel....
日本語ではどれも「小人」だ。

ちなみに白雪姫の小人は“Zwerg”だが、ルンペルシュティルツヒェンの小人は文字通りMännchenとかMännlein(小さい人)と書かれている。

ずっと昔、日本のどこかの民間伝承で、「こぼると様」という存在を崇めている話を聞いたことがある。
コーボルトはオランダ起源なので、オランダ貿易の時代に文化が紛れ込んできたのかもしれないが、調べてもわからない。もう消えてしまったのだろうか。

いずれにしても、ドワーフそのもの、ノームそのものを表わす日本語はないのが悩ましいところなのだ。
   
posted by Sachiko at 22:13 | Comment(4) | 妖精