2020年03月06日

「トランキラ・トランペルトロイ」

「トランキラ・トランペルトロイ」(ミヒャエル・エンデ)

この物語は「魔法の学校」という短編集に収録されていて、単独で何度か絵本にもなっている。


・・・かめのトランキラ・トランペルトロイは、動物たちの王さま、レオ二十八世の結婚式に、動物たちはみんな招待されているという話を聞きました。

「わたしも行くわ」
トランキラは一歩一歩、ゆっくりと歩きはじめました。

途中、クモやカタツムリが、披露宴までもう日にちがないのだから、行けるはずがない、あきらめなさい、と言いました。
でもトランキラはやさしく言いました。
「わたしの気持ちは、かわらないわ」
そしてまた何日も歩き続けました。

トカゲが言いました。
「まにあうはずがない!結婚式は取りやめになった。レオ二十八世は、戦争におでましになった」
「わたしの気持ちは、かわらないんですもの」
そう言ってかめはまた何日も何日も歩き続けました。

カラスが言いました。
「レオ二十八世はなくなられた。葬儀が終わったばかりなのだ。それでも行こうっていうのか!」

トランキラはそれからも歩き続け、やっと森に着きました。
たくさんの動物が集まって、なにかを楽しみに待っているようでした。

トランキラはたずねました。
「これから、レオ二十八世の結婚式が開かれるんじゃありませんか?」
子猿が言いました。
「きみはよっぽど遠くから来たんだね。きょうは新しいレオ二十九世の結婚式なんだよ」

すばらしい披露宴の中で、トランキラは幸せそうにすわっていました。
「ほらね、ちゃんとまにあうっていったでしょう」

-----------------

トランキラは、我を張り通したというわけではない。
「わたしの気持ちはかわらないわ」と、いつもやさしく言い、ゆっくり、ゆっくり、一歩ずつ歩いた。

これはけっして、「一度決めたことは最後までやれ」とか「一歩一歩着実に」という、昭和のお説教みたいな次元の話ではないのだ。それとは全く別のこと.....

ところでエンデの作品には、亀が何度か出てくる。
「はてしない物語」の、太古の媼モーラや、「モモ」で、モモを時間の国に導いたカシオペイア。
カシオペイアの、「オソイホド、ハヤイ」という言葉を思いだす。

エンデは、「亀は人間の頭蓋が独立して歩いているもののように見える」と言っていた。
古代の宇宙像には、世界が巨大な亀の背中の上に成り立っている、というものがある。これは、現代人にはわからなくなった神話的ビジョンにおいて、真実の一端を表わしているのかもしれないと思う。

モーラやカシオペイアの名前が出てきたので、これはファンタジーのカテゴリに入れておこう...
  
posted by Sachiko at 21:51 | Comment(0) | ファンタジー