2020年02月09日

マイナス15度♪

ここまで気温が下がったのは19年ぶりだとか。
これを「凍(しば)れる」というのだ。標準語とやらに訳しようがない。
条件がよければダイヤモンドダストが見えはじめる気温だ。

それで、とても久しぶりに、寝る前に水を落とした。
・・・これも説明しなくては。
凍結防止のための水抜き栓(寒冷地では必ず付いている)をひねって、水道管の中の水を抜くことを指す。

今住んでいる家では、夜間も暖房を入れっぱなしなのでマイナス10度くらいまでは大丈夫なのだが、さすがに15度となると、念のため水抜きをしておいた。

北海道に引っ越してきたばかりの人が、「流れる水は凍らない」という話を信じて、水道の水を細く出しっぱなしにしていたところ、翌朝大変なことになったという話を聞いたことがある。

あれは、チョロチョロと流しておけば0℃でも凍らない、というレベルの話で、マイナス10度以下なら滝でも凍る。

もっとも、氷点下や吹雪が心地よいと思うのは暖房が効いた家に住んでいる現代だからで、開拓時代には、今よりもはるかに長く寒かった冬を越すのは命がけだった。
そんな時代にも、雪や氷の様々な姿が見せる美を愛でる人は幾らかいただろうか。

外は雪が降っているが、数時間前まで雲の切れ間から満月が見えていた。冴え冴えとした月が高く上っているのを暖かい部屋から眺める。冬は快適な季節なのだ。
   
posted by Sachiko at 22:11 | Comment(2) | 北海道