2020年01月30日

クリストフォロスの木

ウルスラ・ブルクハルト「Das Märchen und die Zwölf Sinne des Menschen(メルヒェンと人間の12感覚)」より。

------------------------

ノルウェーのおとぎ話に、ある王様が城の樫の木をどこまでも大きく繁らせた話がある。木は窓を覆い、すべての光をさえぎった。
このように自分の自我の木のことだけを考え周りを忘れる者は、じきに暗闇の中に座ることになる。

クリストフォロスは全く違う木を植えた。
巨人の彼は、ある隠者から、献身によって最高の王を見つけることができると聞き、人々を背負って川の向こうへ運ぶ渡し守になった。
彼はそこで最も偉大な王に出会って仕えたいと願っていたのだ。

ある時、渡し守は子どもを背負った。巨人にとってはわけもない軽さのはずだった。
だが子どもがしだいに重くなり、彼を水の下にめり込ませたとき、この王の力と権威を知った。

子どもは幼子イエス・キリストだった。
この後彼は、クリストフォロス−キリストを担う者−という名を与えられた。
幼子イエスは彼に、彼の杖を地面に刺すように言った。杖は花咲く木になった。


その調和のとれた木では、リスが争いの言葉をあちこちに運ぶことはない。それは自我がキリストの担い手になった人の木だ。

すべての人は、自分の自我の木を植え、それをキリストの木に変える可能性を持っている。
創造は七日目に完了したのではない。私たちは新しい未来の創造のために生きている。
そして世界の終わりではなく、世界が新しい地球へと移行することについて語ることができるのだ。

------------------------

ユグドラシルについては、Yggは「私」であり、drasilは「担う」という言葉に語源を持つ、と言われていた。

真の「私」である永遠の自我がキリスト意識であるなら、「キリストを担う者」という巨人クリストフォロスの名は、そのまま巨樹ユグドラシルの名だということになる。何だかゾクゾクするような感覚だ。

人間が宇宙的存在としての本来の姿に還る時、それは宇宙樹の姿と重なる。
伝説の深みに降りると、そこにはまだ人類共通の言葉が生きている。
新しい地球への移行を語るには、この共通言語が必要なのだと思う。
  
posted by Sachiko at 22:02 | Comment(0) | ウルスラ・ブルクハルト