2020年01月10日

雪がない!

雪が少なすぎる。
これは2メートルの木ではなく、20センチほどのリンゴンベリーだ。

snowless.jpg

冬至の前後、クリスマスの頃には、深い暗闇と凍てついた寒さが必要なのだが、それがないまま年が明けてしまい、最高気温はプラスで、光は春の気配を帯びている。

ここ数年、雪の時期が後ろにずれている。
でも2月3月に大雪が降ったとしても、それはもう真冬の雪ではない。冬を体験している気がしない。これはもう危機だ。

常夏の南の島を楽園などと呼ぶのは、寒い地域があってのことだ。地球全体が常夏になったら、誰もそれを楽園とは言わないだろう。

ある種の植物には、充分な寒さを経なければ発芽や開花をしないものがある。もしも地球が常夏になってしまったら、チューリップや水仙、クロッカス、プリムラなどを見ることはできなくなる。

「この時期、本来の覚醒状態にある冬の大地は、覚醒した種子を受粉のように受け入れられるようになり、春の発芽を準備します。
・・・真冬に繰り広げられる、この独特の生命のあり方に比較できるものは、さわやかな眠りのあとで、朝、世界との関係をふたたび受け入れる人間の目覚めの体験だけです。」(ヴァルター・クロース『大地の四季---季節の錬金術について』より)

まさにそのとおりで、本来の真冬がなければ、深い眠りをさまたげられたまま朝を迎えてしまった気分になる。

温暖化は物理的に見ればCO2が深く関わっているのかも知れないが、単にそれだけではない。
気象は心魂の反映だ。温暖化し、深いところで覚醒する冬がなくなるのは、人間の魂の浅薄化が一因だと私は思っている。

天気予報で、現在の札幌の積雪は8センチだと言っていた。ゼロがひとつ少ない!
  
posted by Sachiko at 22:51 | Comment(2) | 自然