2020年01月09日

パラダイスの木

ウルスラ・ブルクハルト「Das Märchen und die Zwölf Sinne des Menschen(メルヒェンと人間の12感覚)」より。

------------------------

創世記にまつわる伝説の中で、すべての人々に前進する力を与える別の木のことが語られている。

アダムとイブの末息子のセス(セツまたはセトと表記されることもある)は、楽園の知恵の木と生命の木の樹冠がともに成長した姿を見ることができた。

大天使ミカエルはこの木から3つの種を彼に与えた。父アダムが死んだ時にセスが墓に種を埋めると、燃えるような繁みになった。そこから切り取った木片は、また新しく芽を出して花や果実が常に育っていった。

楽園の繁みの木からは、モーセの杖とソロモンの神殿の門が作られた。その木はベテスダの池に癒しの力を与え、キリストの十字架も楽園の繁みの木で作られた。

すべての人が自我の木を植えて世話をする必要がある。
それは困難な仕事であるが、楽園の繁みを思い出すために善いことだ。そして人は自分の木にふさわしい大きさを見出すだろう。

------------------------

前回、宇宙樹ユグドラシルは人間の永遠の自我の担い手であるという話があった。
すべての人が植えて育てるべき自我の木は、楽園の思い出につながっている。このことが呼び起こす感情を、しばらく響かせてみよう。

自分の木と、それを育てる困難な仕事...、自我の木の根元では運命が紡がれている。そこからこの言葉を思い出した。

「自分の十字架を背負って、私についてきなさい」(マルコ福音書8-34)

キリストの十字架が何の木かという話はあちこちの伝説にあるが、もちろんここで言われているのはその種の話ではない。

十字架(地上の歴史的な意味ではなく、宇宙的な意味で)が楽園の木でできているのなら、マルコ伝の言葉も、一般のキリスト教会の解釈とはいくらか違った光のもとに見えてくる。

木という象徴は、どこか深いところで融け合うように人と親和する。この章の木の話は、まだもう少し続く...
   
posted by Sachiko at 22:07 | Comment(2) | ウルスラ・ブルクハルト