2019年12月29日

三日月と金星

宵の南西の空に、月齢3の月と金星が並んでいた。
この組み合わせはほんとうに美しい。

tsukikin.jpg

前にも書いた気がすると思って探してみたら、今年のひなまつりで、あの時は明るくなりかけた夜明けの空だった。

このあと金星は、春にかけてかなりの高度まで上り、月齢3〜4の月と並んだ美しい姿を何度か見ることができる。
そして夏以降はまた明けの明星となって東の空に姿を現す。

太陽に近い内惑星から放射される明るく軽やかな気分は、それを表わす言葉が地上にはないように思える。
それはただ、若い神マーキュリーであり、優美なヴィーナスなのだ。

今年の空のイベントは、三日月と金星という特別に美しい組み合わせで終わる。
  
posted by Sachiko at 21:50 | Comment(0) | 宇宙