2019年12月23日

「聖なる夜に ― A Small Miracle ― 」

「聖なる夜に ― A Small Miracle ― 」(ピーター・コリントン)

holynight.jpg

-------------------------

雪野原に置かれた古いトレーラーハウスに、おばあさんが住んでいました。食べ物も薪もなくなっているのに、もうお金がありません。

おばあさんはアコーディオンを抱えて、町まで歩いて行きました。
途中、教会の開いたドアの中をのぞくと、クリスマスのクリッペ(※)が飾られるところでした。

おばあさんは町に着くと、にぎやかな通りでアコーディオンを弾きはじめました。けれど人々は、おばあさんに注意をはらわず通り過ぎるだけ。
やがておばあさんは疲れて、空っぽの小箱を前にすわりこんでしまいました。

おばあさんはだいじな楽器を質屋に持っていき、お金に替えましたが、店を出たところでバイクに乗ったひったくりに遭い、お金の入った小箱を奪われてしまいました。

おばあさんが教会のほうへ逃げた男を追いかけると、男は、困っている人を助けるための拠金バケツを持って出てきたところでした。

おばあさんはバケツを奪い返し、男がバイクごと倒れたときに教会の中に入ってドアを閉めました。
中では、クリッペ人形たちが倒されていました。おばあさんは人形たちを元に戻し、バケツをその傍に置いて教会を出ました。

外は雪が降っていて、おばあさんは途中で雪の中に倒れてしまいました。
そこへ、遠くからやってくる人たちがいました。クリスマスのクリッペ人形たちです。
人形たちはおばあさんを家に運びベッドに寝かせました。

人形たちは町へ行き、それぞれ持っている飾りものを差し出して、楽器を買い戻しました。
そして食べ物と薪も買って戻ると、クリスマスの支度を整えました。

おばあさんが目を覚ますと、家にはツリーが飾られ、すばらしいごちそうが並び、楽器も戻ってきていました。

おばあさんは窓の外を見ましたが、もう誰もいませんでした。ただ、雪の上には.....

(※クリッペ 聖誕の場面を現した飾り。聖家族と、三博士、羊飼いなどで構成されている)

-------------------------

あらすじを書いてみたけれど、実はこの絵本に文字はひとつも書かれていない。
絵だけで物語が進行するサイレント絵本なのだ。

静かな聖夜にふさわしく、静けさがすべてを語っている。
どこか、日本の「かさじぞう」に似ている気もするお話。

holynight2.jpg
  
posted by Sachiko at 22:46 | Comment(0) | 絵本