2019年10月06日

コーボルト

『Lord of the Elements』(Bastiaan Baan著)から。
-----------

アニー・ヘルディングの本を読んだ後、私は彼女を何度か訪れ、一緒に自然を観察した。彼女は私に自然霊を描いた何十枚もの絵を見せてくれた。

私は、この年配の女性(彼女は80歳以上だった)が明らかに日常的に自然界の背後の事象を見ることができたことに深く驚き、感銘を受けた。

アニー・ヘルディングは、1903年にインドネシア(当時のオランダ東インド)で生まれ、子供の頃から霊視能力を持っていた。
彼女は文章と絵の才能を伸ばし、1950年代から、霊視したことを言葉とイメージで表現するようになった。

そして、長い年月にわたって交流したコーボルトに似た自然霊ヨドカスとの出会いを、文章と水彩画で記録した本を作った。
このコーボルトは、オランダのフェルウェの村、トンヘレンの近くでさまざまな異なる形で彼女の前に現れた。

私たちが持っている小人たちのイメージはあまりにも固定されている。現実にはこうした存在たちは、霊視者の目の前に多くの異なる色と形をもって現れる。

彼女は、自然の精霊は非常に変化に富んでいて、それらを適切に描写することはほとんど不可能だと言った。

-----------

アニー・ヘルディング(オランダ語の発音では“ヘルディング”だと思うのでこの表記にした)の、コーボルトとの交流の話は、以前紹介したウルスラ・ブルクハルトの「カルリク」を思わせる。

普通の人間が、目や耳など、この物質界を知覚するための感覚器官を持って生まれてくるように、霊視者と呼ばれる人々は、物質界とは別の領域を知覚する器官を生まれつき持っているようだ。

普通の人が、例えば同じ1本の木を見たときに同じように知覚するように、霊視者たちが自然霊を同じように知覚してもまったく不思議ではない。
それを描写する場合は、木の描写と同じで、それぞれの感性によって違いが出るだろう。

視覚を持たなかったウルスラ・ブルクハルトはカルリクの姿を塑像として作り、アニー・ヘルディングはスケッチや水彩画で描写した。

ヨドカス(Yodokus、読み方はこれでいいのだろうか...)と呼ばれるコーボルトとの交流におけるエピソードがこのあと続いていくが、これもとても興味深い。
   
posted by Sachiko at 22:16 | Comment(0) | 妖精