2019年10月03日

スティルウォーター教

これなら信者になってもいいかな、と思う「スティルウォーター教」は、以前少しだけ触れたことがあるが、ターシャ・テューダーが家族とお遊びで作った宗教だ。

静かな水のように心穏やかに暮らすこと、大きな波に流されず自分の速さで進むこと、を信条とする。

「スティルウォーター教徒は生活を楽しみます。重荷にしてはいけません。」(ターシャ・テューダー)


時代はますますそれとは真逆の方へ煽ってくるように見えても、それが自分の心に沿わないなら、ほうっておけばいい。

私はルンバよりもほうきが好きだ。
それは1分間に何グラムのホコリを除去するか、という計測とは別の次元のことだ。
その別次元の感覚を何と呼ぶのか、言葉ではうまく表せないけれど。
(もちろん掃除機も使う。ある時代で時間を止めたいわけではない。ターシャも、掃除機も冷蔵庫も使っていた。)

昔、ガスコンロの上にのせて使うタイプの古いオーブンが家にあった。温度設定もアナログだったが、コツを掴めば何の不自由もなくパイも焼けた。
電気を使わない古い道具には、使う人の「手になじむ」という感覚がある。そうして道具はその人の暮らしになじんでいくのだ。

ターシャは短いスカートが流行しても、「わたしはこれが好き」と長いドレスを作って着続けた。
最新流行のものは、いちばん先に古びてしまうものでもある。半年前の流行など、もう誰も憶えていないだろう。

自分自身の「好き」にほんとうに従うときは他人の動向は気にならないし、外側の何かの力に煽られることもない。

効率を追い、無駄だと言って切り捨てた時間の中にあったものが、実は人生そのものだったとしたらどうだろう。
「価値のある良いことは、時間も手間もかかるもの」(ターシャ・テューダー)
  
posted by Sachiko at 21:36 | Comment(2) | 暮らし