2019年08月17日

キムンカムイ

数日前まで市内のクマ騒動が全国ニュースで流れていて、こういうのを見ると、市内全域にクマが出没しているようなイメージを持たれるかも...と思っていた。

山林と隣接しているエリアだけなのだが、それがけっこう多い。クマだけでなく、時々シカやキツネも出てくる。
この規模の都市でこれだけ野生動物が近くにいる例は少ない。

一週間ほどの騒動の後、クマはハンターによって射殺された。
家庭菜園の作物や果樹を食べ、民家のすぐそばを歩き、人が出くわしたら襲われるかもしれない。近くには小学校もあり、もうすぐ夏休みが終わる.....

昔の人は、動物が住む山と里山のあいだに実のなる木などを植えて緩衝地帯を作り、野生動物をそこで止めて人間エリアに入ってこないように工夫していたらしい。
今は、動物エリアのすぐそばまで宅地が迫っている。

ニュースの中で繰り返された、「害獣」「駆除」などの言葉がどうも気になっていた。
野生動物は元々、自然界の絶妙なバランスの環に組込まれている。人間もこの環の一部だったことを忘れてしまった今、バランスを壊すのは常に人間だ。

自然界のあらゆる存在の中に霊格(カムイ)を見ていたアイヌ民族にとっては、熊は、キムンカムイ(山の神)だ。
だが人を襲うと悪い神(ウェンカムイ)になってしまう。
「もののけ姫」の、たたり神になってしまった動物を思い出す。

撃たれたクマはどうなったのか。できるならイヨマンテ(熊送りの儀式)で送ってほしいと思ったが、そうはならないだろう。
  
posted by Sachiko at 21:27 | Comment(2) | 北海道