2019年08月13日

「OLD CRAFTS」

9つの古い手仕事の世界を紹介している絵本。

oldcrafts.jpg

「時計職人」
職人は、特別な眼鏡をかけ、髪の毛ほど細かったり砂粒ほど小さな部品を扱って時計を修理しています。
この複雑な仕事には、安定した手の働きと、よい視力、そして多くの忍耐が必要です。

「人形のお医者さん」
人形のお医者さんは、壊れたり傷んだ人形を治します。
目や唇に色を塗ったり、まつ毛を植えたり、髪の毛もたくさんの色が用意されていて、病院を出るときには、人形は新品同様です。

「鍛冶屋」
熱く焼かれた鉄は白く光って柔らかくなっています。これをハンマーで叩いて鋭くし、また冷まします。
鉄の門扉はレースのように繊細な模様ですが、三人がかりで運ぶほど重いのです。

「靴職人」
かかとがすり減ったり、底がはがれたり、縫い目がほどけたりしたたくさんの靴を、靴職人たちが修理します。
靴の山の中からぴったりのもう片方をどうやって見つけるのか不思議に思うかもしれませんが、時々すこしばかりの運が役立ってくれます。

「菓子職人」
菓子職人が作るお菓子たちは、おいしいだけでなく見た目にも美しいのです。デコレーションはすべて手作業で、多くの技が必要です。
お菓子作りにはとてもたくさんの道具が必要ですが、作業場はいつも清潔に保たれています。

「家具職人」
職人は必要な大きさに板を切り出し、カンナをかけて滑らかにします。くるくる巻いたカンナくずが床に溜まっていきます。それから板を張り合わせ、乾かします。
職人はお爺さんの代から作られている家具に最後の仕上げを施しています。

「造花つくり」
この店の花は、サテンやシルクで作られています。これらの花をアレンジするには高度の技術が必要です。
砂糖菓子やアーモンドにスパイスで香りづけした花束は、いい香りがして、食べることができます。

「ろうそく職人」
この仕事は一見簡単そうに見えるかもしれませんが、実は多くの知識と技が必要です。作り方には、芯糸に溶かしたロウをかけていく方法と、型に流し込む方法があります。
特別なロウソクの場合は、ロウを模様の型に薄く流したものを、出来あがったろうそくに巻きつけて飾ります。

「洗濯屋」
ここではすべて手洗いで、大釜では一日中石鹸水が煮えたぎっています。洗濯物は、浸され、洗われ、こすられて、輝くようにきれいになります。
古風な洗濯場はいつも湯気でいっぱいで、水は壁や床に流れています。
女性たちはこのきつい仕事を徹底的にこなしていきます。

-------------
ここに描かれている仕事の中には、今はなくなってしまったものもあり、とても数が少なくなっているものもある。

古い手仕事には、現代の「ビジネス」や「勤務」とは違った有機的な感触がある。「わたしの暮らし」「わたしのいのち」と離れていない、自分自身の仕事。
人々にとって、自分自身である喜びと誇らしさがある仕事は嬉しい。

oldcrafts2.jpg
 
-------------
ブログは明日から数日お盆休みをいただきますm(_ _)m
    
posted by Sachiko at 22:47 | Comment(2) | 絵本