2019年08月05日

帰ってきたウラギンスジヒョウモン

絶滅危惧U類のウラギンスジヒョウモンのことを書いたのは、ちょうど一年前だった。
少し前からつがいで飛んでいるのを見かけていたのだが、やっと写真を撮れた。

uragin2.jpg

今年も来るだろうかと待っていたので嬉しい♪あれから無事に次世代につなぐことができたのだ。

昨日のアネモネのディーバの言葉のとおりだ。
はかなく消え去ってしまうように見えても、翌年また戻ってくる。

植物だけでなく、蝶の背後にもディーバがいるはずだ。物質界での蝶の命は短いけれど、見えない力に守られて冬を超え、また夏に羽化して飛び立つ。
絶対の信頼のもとに、安心してこの自然界の環を廻るのだろう。

人間もあまりに心配事に満ちた複雑な生き方をやめて、永遠の相に根差す彼らの輪舞に加わってはどうか....帰って来た蝶を見て、そんな思いが浮かぶ。
  
posted by Sachiko at 22:17 | Comment(2) | 自然