2019年07月16日

贈り物

「植物と叡智の守り人」(ロビン・ウォール・キマラー)より。

eichi.jpg

アメリカ先住民の血を引く植物学者の女性によるこの本の中には、くりかえし「贈り物」という言葉が出てくる。
大地からの贈り物、人間同士が贈りあう贈り物....

「贈り物か、商品か....それをあなたがどうやって入手したかによってその性質はすっかり違ったものになる......贈り物の本質とは、それがある関係性を築くということだ。」(本文より)


あるささいなきっかけで、この贈り物の話を思い出したのだ。
時々、誰かにちょっとしたプレゼントを渡したときに、相手が一瞬、困惑した表情を見せるのに気づいてしまうことがある。

こんな例もあった。ある小さな集まりで(特に親しくはない、たまたま集まった人々)、誰かが途中で みんなの分のアイスクリームを買ってきた。ひとりがすぐにその人にアイスの代金を払おうとし、他の人もそれに続こうとした。

買ってきた人は慌てた。「そんなつもりじゃないんです!」。
ほんとに100%そんなつもりではなかっただろう。こうして、贈り物は商品になってしまうところだった。
(お金自体が悪いわけではない。お金が最も適切な贈り物になる場合もある。)

この「受け取り下手」はどういうことなのか?答えになりそうな、ある人の言葉があった。

「私はずっと、与えることは“良いこと、強いこと”で、受けとることは“悪いこと、弱いこと”だと思っていた」

これはたぶん、多かれ少なかれ日本人のDNAに染みついている観念のような気がする。受けとると、相手に対し負債を負うような気分になるのだ。

だから大急ぎでお返しをしたり対価を支払ったりして、負債を帳消しにしなくてはならない。そうでなければ“悪い側、弱い側”になってしまう....

一瞬困惑して受け取れないのも、すぐにお金を払おうとするのも、こういうことなのだろうか...と思う。

「この世界のすべてが商品なのだとしたら、私たちはとても貧しくなる。この世界のすべてが手から手へと移りゆく贈り物なのだとしたら、私たちはどんなに豊かになることか。」(本文より)

実験的に贈与経済のスタイルをとった無料食堂の話がどこかにあった。そこの食事は無料で、それは前の人からの贈り物なのだ。

食事をした人は、自分が食べた分に対してではなく、次に来る人のために支払う。お金があればお金を、なければ、皿洗いとか何かのパフォーマンスとか、別のかたちで何かを贈る。そうして、贈り物は循環していく。


自然界は、受けとろうとするほど豊かな姿で現れる。そのことは、ごく小さな私の庭からさえも感じとれる。
(奪うのではない。奪えば、ほどなく枯渇する。現在の地球に見て取れるように。)

先住民たちは、自然界からの贈り物を、所有して売買しようとは考えなかった。
でも今のこの文明は、理由あって必要だったのだろう。ただし一時的にで、永久にではない。これは永続しない形態だ。

ほんとうの贈り物が手から手へと渡っていく世界は豊かだ。ここから、次の文明のヴィジョンを思う。
  
posted by Sachiko at 22:19 | Comment(2) | 言の葉