2019年07月05日

「少年の日の思い出」

ヘルマン・ヘッセの短編「少年の日の思い出」は、日本で一番多く読まれている外国文学だそうだ。
もう70年以上も中学校の教科書に載り続けているからだ。

市内の中学校はみんな同じ教科書を使っていたはずなので、以前ある場所で尋ねてみたが、誰もこの作品を憶えている人はいなかった。私は大好きな作品だったのだけれど....

-------------

私が惹かれたのは、物語そのもの以上に情景の美しさだった。物語の内容はかなり痛々しい...

子ども時代を思い出してまた蝶の蒐集を始めたという人が、彼の書斎にお客を迎えているところから始まる。物語のほとんどは、その友人の少年時代の回想話だ。

「…もうすっかり暗くなっているのに気づき、私はランプを取ってマッチをすった。すると、たちまち外の景色はやみに沈んでしまい、窓いっぱいに不透明な青い夜色に閉ざされてしまった。」

少し冷んやりしてきたであろう夏の夜の、青い空気の色、外の微風、葉擦れの音、野草の香り、ランプのほのかなオレンジ色の灯りなど、そこに描かれていないものも含めた光景が見えるような気がした。

お客である友人は、少年時代に熱心な蝶の蒐集家だったが、自分でその思い出をけがしてしまった....と言って、思い出を語り始めた。その夏の描写がまた美しい。

「…強くにおう乾いた荒野のやきつくような昼さがり、庭の中の涼しい朝、神秘的な森のはずれの夕方……

日なたの花にとまって、色のついた羽を呼吸とともにあげさげしているのを見つけると、捕える喜びに息もつまりそうになり、しだいにしのびよって、かがやいている色の斑点の一つ一つ、すきとおった羽の脈の一つ一つ、触覚の細いとび色の毛の一つ一つが見えてくると、その緊張と歓喜ときたら、なかった。」

そして彼はあるとき、そのあたりでは珍しい青いコムラサキを捕まえて展翅した。得意のあまり、それを隣の子どもにだけは見せようという気になった。

隣の少年エーミールについては、「…非の打ちどころがないという悪徳を持っていた。それは子どもとしては二倍も気味悪い性質だった」とある。結果、コムラサキの標本はこっぴどい批評にさらされてしまう。

二年後、エーミールがヤママユガをサナギからかえしたといううわさが広まった。本の挿絵でしか見たことのないその蝶をどうしても見たい、これが悲劇の始まりだった....


私は中学一年生の教科書をまだ持っているわけではなく、後になってこの短編が古いヘッセ全集に入っているのを見つけて手に入れたのだ。

物語の夏の情景は、自分の子ども時代と重なる。私は特に蝶の蒐集家ではなかったし、都会ではそう珍しい蝶も見られなかったが、網を持って昆虫を追うのは夏の遊びの定番だった。

男の子たちの中には、蝶の標本を作る道具のセットを持っている子もいた。展翅板や三角紙の中に収められたアゲハなどを見せてもらったのを憶えている。

当時12歳の私にとってこの短い物語は、去り行く子ども時代の情景を思い起こさせてくれるものであり、ヘルマン・ヘッセとドイツ文学に強く惹かれていくきっかけでもあった。

あとがきによれば、「少年の日の思い出」Jugendgedenken というタイトルは翻訳者がヘッセからもらった切り抜きについていたもので、最初に発表されたときの題は「ヤママユガ」Das Nachtpfauenauge だということだ。
  
  
posted by Sachiko at 21:41 | Comment(0) | ドイツ関連