2019年05月25日

水の精

『Lord of the Elements』(Bastiaan Baan著)から。
------------

ニンフ、ウンディーネ、ニクスなどと呼ばれる水の精は、水の要素のある至る所に棲んでいる。
ドイツのネッカー川は、ネッカーと呼ばれた水の精にちなんで名づけられた。

水の精は、流れる水の中だけでなく、地面から立ち昇る靄や、草の上に結ぶ露の中にもいるが、特に大波など激しく動く水の中を住処とする。

シュタイナーのカルマ論講義の中で、波、光、霧、そして空気の間に特別な作用のある場所のことが記されている。
アーサー王のティンタジェル城があるコーンウォールの岬では、波が常に動き、光、空気、霧の自然霊が止むことなく活動している。

ニンフたちはとりわけ、空気の精シルフたちと活発に戯れる。
水と空気と光の相互作用は、まだ古い霊視能力を有していたアーサー王の騎士たちに深い印象を与えた。

シュタイナーは、12人の騎士の中のひとりは自然霊たちの戯れに深く入り込んだため、次の生では自然を描く能力を持って地上に戻って来たことについて語っている。

それはスイスの画家アーノルド・ベックリンで、有名な彼の海景においては、自然の背後に隠された霊たちの存在も描かれている。彼はあらゆる水の精たちのいる壮大な海の風景を描いた。

ある人生の中で自然から深く印象づけられたものは、次の人生において芸術的能力になる。

------------

草の上の露にも、水の精がいる....
朝露が光にきらめくようすがあんなに美しいのは、水の精の働きだったのか....
このような美のあるところには、水と光と空気の精たちが戯れながら踊っているのだろう。

アーサー王の歴史的な実像はよくわかっていないが、この話からすると円卓の騎士も実在したらしい。

王たちの中で、特にアーサー王があの壮大な物語の主人公になり得た背景には、詩人にインスピレーションを与えた自然の精たちの働きが実際にあったのではないかと思わせる。
   
posted by Sachiko at 21:06 | Comment(2) | 妖精