2019年05月22日

庭の訪問者たち

ライラックの木に2羽のヒヨドリが来ていた。雌雄同色ということなので、つがいだと思う。
心の中で「いらっしゃい、よく来たね♪」と言うと、1羽がそばに飛んできた。もう1羽は少し離れたところでこちらを見ている。

ヒヨドリをこんなに近くで見たのは初めてだ。
尾が長く全体が地味な灰色、頭の後ろ側の毛が寝ぐせみたいにボサボサになっているのがかわいい。
飛ぶときには一度翼を閉じて、波打つように滑空するのですぐわかる。

首がすらりと長い灰色の大きめの鳥が頭上を飛んで行ったが、これは名前がわからない。水鳥のようだけれど、こんなのは初めて見た。


今年は春先から白い蝶がたくさん飛んでいる。いつものモンシロチョウだと思っていたら、翅脈が黒い。スジグロチョウの仲間だと思うが特定できない。
せわしく飛び回ってなかなか止まらないのでじっくり見ることができなかった。

小さなベニシジミも帰ってきた。春型は赤い色が鮮やかだ。
(飛ぶものを写真に収めるのは難しく、画像はなし...(-.-;)
ともかく、こうしてまたおなじみの生きものたちが見られる季節になった。

これはまるで関係なさそうに見えるダイコンの芽だけれど....

daikonnome.jpg

アブラナ科の植物はモンシロチョウの食草なのだ(食べられないように気をつけなくては)。
双葉のかたちは蝶に似ているが、これは偶然ではないようだ。

 植物を見てごらん
 それは大地に繋がれた蝶々
 蝶を見てごらん
 それは宇宙によって解き放たれた植物
(丹羽敏雄「百合と薔薇」から、シュタイナーの言葉)
  
posted by Sachiko at 22:39 | Comment(2) |