2019年05月13日

カルリクとの長い旅

ウルスラ・ブルクハルト「Karlik−Encounters with Elemental Beings」から。

本の最後で、ウルスラはこう語っている。

「私たちが人生をいっしょに過ごすことで、私の中ではいつも新しいことが起こります。ともに歩く道は、日々と季節のサイクルを通じて、私に力強さと自信とを与えてくれます。

与えることと受け取ることは、互いのあいだで生き生きと循環し、それが私たちの在り方なのです。仕事のために度々離れたとしても、私たちは変わらずにしっかりとつながっているのです。」


この小さな本の初版は1987年で、当時ドイツ語圏ではベストセラーになったらしい。それから30年も経った2017年にこの英語版が出ている。

これはウルスラ・ブルクハルト個人の体験談だが、同時にこれから起こり得る未来の在り方を指し示しているように見える。
自然界の霊的存在たちは人間の意識を必要としているし、人間もまたそうなのだ。

彼らの存在に意識を向けた時、外的な何かによるものではない不思議な力づけや確信が静かに満ちてくるのを感じたなら、きっと彼らはそばにいる。

「Karlik−Encounters with Elemental Beings」は、これで終わる。
(ウルスラ・ブルクハルトの本は手元にもう一冊あるので、これもいずれ少しずつ紹介できればと思っているが、こちらはドイツ語版....(>_<;)
   
posted by Sachiko at 21:35 | Comment(2) | ウルスラ・ブルクハルト